現在位置
トップページ > 品質への取り組み

品質への取り組み

私たちは、品質向上のための努力を惜しみません。

ソフトウェア
品質へのこだわり
出荷前の品質チェック
出荷後のメンテナンス
高いシェア=安定
営業
安心と信頼の営業体制
テクニカルセンター
サポートセンター
自社専任スタッフが対応
社内データベース
Q&Aの品質管理
万全の体制
満足度94%の定期講習会
Webサーバー・サイト
サーバーバックアップ体制
万が一に備えた緊急USB
情報量が豊富なWebサイト
安全管理体制
個人情報の保護管理体制
セキュリティ対策
AEDの設置
BCP(事業継続計画)

品質へのこだわり

弊社は、“更なる品質強化”を最重要方針に掲げ、お客様により一層『信頼』されるソフトウェアの開発に努めています。2007年には、ソフトウェアの品質を出荷前にチェックする独立部門として「品質検査室」を設立しました。「開発部」と「品質検査室」の2段階チェックで、品質の向上に取り組んでいます。

また、出荷後のメンテナンスについては、お客様の構造設計業務や建築確認申請に与える影響を最小限に抑えるよう最優先で対応しています。

弊社では、お客様に『安心』してソフトウェアをご利用いただくため、「出荷前の品質チェック」と「出荷後のメンテナンス」に全力を注いでいます。

フロー図

出荷前の品質チェック

出荷前の品質チェック(第1チェック)

開発部では、レビューを通じて品質を確認した仕様を基に、プログラムを作成します。
作成したプログラムは、工程ごとに入念なチェックを行いながらソフト本体に組み込まれます。

テスト項目の例

開発部の数値の検証

単体テスト
入力範囲内の判定、入力項目の有効無効など、入力に関するさまざまな制御について正しく動作することを確認します。
形状や計算条件など、さまざまな組み合わせについて計算結果の検証を行います。
結合テスト
入力した数値が正しく計算に用いられ、計算結果が出力や作図に正しく表示されているか確認します。
プロダクトテスト
形状や計算条件など、さまざまな組み合わせについて、入力、出力、作図が正しく動作すること、計算結果が正しいことを確認します。
大規模な建物や特殊な形状の建物など、実務を想定した物件で計算し、計算結果が正しいことを確認します。

開発部には3,000物件以上の検証用データが用意されています。その中から、構造種別、計算方法、建物規模、計算ルートなど目的に応じた物件を抽出し、独自のツールを用いて数値の検証を行っています。

出荷前の品質チェック(第2チェック)

品質結果一覧
▲品質チェックシート

品質検査室では、開発部でのソフトウェアテストとは別に「品質検査テスト」を実施し、ソフトウェアの機能アップ項目や変更項目に不具合が無いこと、セットアップやライセンスの取得・返却が正常に動作することなど、出荷の内容に応じて200~800項目を確認しています。

新商品やアップデートファイルなど、開発部で作成されたソフトウェアはすべて「品質検査テスト」でその品質を確認し、各チェック項目をクリアしたものだけが正式にリリースされます。テストの結果、NG項目があれば修正を行い、再テストとなります。

テスト項目の例

フロー図

  • セットアップやアップデートが正常に動作するか。
  • セットアップ先のファイルが正常に更新されるか。
  • ライセンスの取得および返却が正常に動作するか。
  • ライセンス保持状態、非保持状態でのプログラムの起動が正常に動作するか。
  • バージョン情報が正しいか。
  • データの新規作成、旧バージョンで作成したデータの読み込み、解析、結果出力などが正常に動作するか。
  • 機能アップ項目が正常に動作するか。修正項目が正しく修正されているか。
ソースプログラム検証サービスについて

ソースプログラム検証サービス【 InspectPro 】

弊社では、『SS3』をはじめとする構造計算ソフトおよびライセンス管理システムの品質確保・向上を目的に、ソースプログラム検証サービスを導入しています。

ソースプログラム検証は、高精度な専用ツールによる一次解析と、専門のアナリストによる二次解析を組み合わせた独自の2段階検証で、システムダウンや情報漏洩などの重要障害につながる不良原因を探し出します。

一般的な動作テストでは発見しづらい不具合、現在は不具合として表面化していなくても、今後の機能アップによる開発で不具合につながる可能性がある不良箇所などが報告されます。

検査用サンプルデータの解析など、通常の動的テストに加え、ソースプログラムの静的解析というアプローチの異なる検証方法を併用することで、より信頼性の高いソフトウェアを開発することができると考えています。

ソースプログラム検証サービスには株式会社 日立ソリューションズの【 InspectPro 】を導入し、第三者によるチェックを行うことで、ソフトウェアの品質を客観的に把握できるようになりました。

出荷後のメンテナンス

出荷後のメンテナンスには、主に次のようなものがあります。

  • リリース後に変化した運用環境に対応するための修正を行うもの。法令や基規準の改正、使用材料やメーカー製品の更新のほか、新しいハードウェアやOSへの対応などがあります。
  • 作業の効率化や誤用防止など、利便性を高めるための改善を行うもの。お客様からのご要望を反映します。
  • ソフトウェアのリリース後に発見された不具合を修正するもの。特に急を要するものについては、緊急修正で対応することがあります。
  • リリース後のソフトウェアの潜在的な不具合が、実際の運用で障害になる前に発見、修正を行います。

保守コスト70%、新規開発ソフト30%

弊社では、お客様に安心して設計業務を継続していただけるよう多くのメンテナンス要員を確保し、特に不具合の修正に対しては最優先で対応しています。そして、機能アップや不具合修正を含めた最新のアップデートファイルは弊社Webサイトからダウンロードすることができますので、常に最新バージョンのソフトウェアをご利用いただけます。 ソフトウェアの更新履歴(機能追加、不具合情報)は、「情報公開がお客様の安心のスタートライン」という考えをもとに、100%公開しています。

一般オフィスビルの場合、建設コストはライフサイクル全体の約30%で、残りの70%は竣工後の維持・管理で発生すると言われています。長期的な使用に対する耐用性を確保、地震などの災害に対する安全性を確保、利用者にとって利便性の高い品質を維持するためには、建設費の数倍もの保守費用が必要とされています。

ソフトウェアも同様に、新規開発のためのコストが全体の約30%、残りの70%相当が保守のためのコストと言われており、一般的にも保守にかける経費はソフトメーカーにとってたいへん大きなものとなっています。それだけソフトウェアの保守は、本来の性能を維持し、長期に渡ってお客様にご活用いただくために必要不可欠な要素の1つなのです。

弊社では機能の豊富さや性能と併せて継続的な保守もソフトウェアの重要な価値であると考え、日々ソフトウェアの品質強化に努めています。

開発部では、2005年に“お客様からご報告いただいた不具合は必ず翌月までに修正する”という独自の目標を設定しています。弊社の開発目標はあくまでも「不具合ゼロ」であり、その目標に向かって日々ソフトウェアの品質強化に努めています。
今後は、検証パートナー制の導入も視野に入れ、品質の更なる強化を行う予定です。

バージョンチェック機能について

ダウンロードページへ誘導できるダイアログ
▲ダウンロードページへ誘導できるダイアログ

弊社のアプリケーションは、起動時にバージョンチェックを行います。インストールされているバージョンより新しいバージョンがリリースされているときには、ダウンロードページへ誘導できるダイアログを表示します。

高いシェア=安定

『ss3シェア率』

弊社は、全国で5,000社以上のお客様と取引させていただいております。弊社の一貫構造計算ソフトは、数多くの建築確認検査機関や構造計算適合性判定機関で「一貫構造計算ソフトを利用して提出される構造計算書の多くはユニオンシステムです」というお声をいただいております。ソフトウェアの市場シェア(正確には使用シェア)が高ければ高いほど、実務設計者や建築確認検査機関の厳しいチェックを数多く通ることになり、ソフトウェアの「品質」は向上します。

『SS3』のソースコードについて

『SS3』のソースコードについて

『SS3』のソースコードはおよそ250万行あります。
A4用紙にすべて印刷してみたところ、およそ32,000枚になりました。
250万行をイメージしやすくするために用紙を縦に並べると、あのエベレストよりも高い9,504mとなります。

※A4用紙一枚あたり80行

営業

安心と信頼を提供する営業体制

安心と信頼を提供する営業体制

弊社の営業スタッフと販売代理店が協力し、お客様のニーズにあったご提案からソフト導入後のアフターフォローまで幅広い活動を行っています。お客様とのコミュニケーションを通して状況を把握し、解析の目的や方法などの違いによるお客様ごとの案件に対して最適なシステムをご提案いたします。また、お客様に信頼されるパートナーであり続けるために、社内で定期的に建築構造技術に関する勉強会を開催するなど、営業スタッフ一人ひとりがスキルアップを図っています。

テクニカルセンターによる技術支援

安心と信頼を提供する営業体制

高度化した一次サポートや的確かつタイムリーな情報を提供するため、営業部内にテクニカルセンターを設置しています。テクニカルセンターでは地域やお客様のご要望に応じた弊社ソフトウェアの個別講習会を開催し、社内への教育機関として、またソフトウェア開発時のアドバイザーとしての技術支援などを中心に活動しています。また、構造技術者に役立つ情報を提供するため、主に構造系の団体*が開催するセミナーやシンポジウム、産学連携によるプロジェクト研究などに参加し、どこよりも早く告示や基・規準を理解するよう努めています。

以下(順不同)の協会・研究会へ参加しています。(2016年5月現在)
日本建築構造技術者協会(JSCA)[本部・北海道支部・東北支部・関東甲信越支部・中部支部・北陸支部・関西支部・中国支部・四国支部・九州支部]/東北建築構造設計事務所協会(TSA)/栃木県建築構造設計事務所協会/群馬県建築構造設計事務所協会(GSAS)/ 東京構造設計事務所協会(ASDO)/耐震工学研究会/埼玉建築設計管理協会/埼玉建築士事務所協会/建築基本法制定準備会/横浜市建築設計共同組合/Kスペースデザイン/山形構造研究会/東海建築構造設計事務所協会(TOSA)/信州建築構造協会(ASBS)/岐阜構造研究会/愛知県設計用入力地震動研究協議会/愛知建築地震災害軽減システム研究協議会/日本建築構造設計事務所協会連合会(FASA)/関西建築構造設計事務所協会/和歌山県建築構造設計事務所協会/福岡建築構造設計事務所協会/鹿児島県建築構造設計事務所協会/京都建築構造研究会/兵庫県建築構造技術研究会

サポートセンター

自社専任スタッフが対応

サポートセンターには、お客様の問題解決をお手伝いする十数名の自社専任スタッフが常駐し、高品質なサービスを提供しています。ソフトウェア別専任担当制を導入しており、各ソフトウェアの内容に精通した専任担当スタッフが、高品質で的確なサポートを行っています。専任は2名以上のスタッフが担当することで、回答スピードを向上させ、原則として即日回答しています。

電話・Faxによるご質問を受付

社内データベース

日々のお客様からのお問い合わせ内容は、社内のデータベースに蓄積されます。お客様のお問い合わせ内容を管理することで、個々のお客様のサポート状況を把握し、状況に応じたスムーズな対応ができます。返答内容については、チームリーダーが第三者チェックを行い、補足などあれば追加で連絡させていただくこともあります。また、定期的に内容をチェックすることで、担当スタッフ間の情報共有、WebサイトのQ&Aや検証例、講習会による情報提供などに反映されます。 お客様の「生の声」は、ソフトウェアの機能アップや改善につながっています。

サポートセンターは、スタッフ間はもちろんのこと、開発部や営業部とも情報を共有することで、スタッフのスキルアップやサービスの均一化、最新情報の収集に取り組んでいます。また、スタッフは定期的に社外のビジネスマナー研修を受講して、言葉遣いや話し方など電話応対についての品質向上に努めています。

Q&Aの品質管理

Q&Aの品質体制
▲Q&A Webサイト

弊社Webサイトに3,000題を超えるQ&Aを掲載し、定期的に新しいQ&Aを追加しています。ソフトウェアの機能変更などにも、都度、追随して最新情報を提供しています。Q&Aには評価コメントの投票機能があり、お客様からいただいたご意見やご要望を反映することで、よりわかりやすい内容へと改善されます。また、Q&Aは定期的に実務に携わる構造設計者にチェックをお願いしています。

もしものときも万全の体制

蓄電池
▲蓄電池(イメージ)

万が一に備えて、社内に数個の蓄電池を設置しています。大規模な停電や計画停電が生じた場合でも、サポートセンターとしての機能を維持できるような体制を整えています。

満足度90%を誇る定期講習会

満足度
▲サポートセンター満足度

弊社では、より多くのお客様に弊社ソフトウェアの理解を深めていただくため、定期的に10種類以上の講習会を開催しています。各ソフトウェアの専任担当スタッフが毎回講師を務め、丁寧にわかりやすく説明します。講習会は、全国5会場をベースとしたTV会議システムを利用しています。また、会場に足を運ばなくても、24時間いつでも弊社講習会を受講できる『UNION ASP Seminar』も提供しています。受講されたお客様のアンケートでは、90%以上の方が満足との回答をいただいております。

このような取り組みが評価され、サポートセンターをご利用いただいた方の満足度は90%を誇ります。

Webサーバー、Webサイト

ライセンスサーバーバックアップ体制

20mの津波がきても影響を受けない高さ

サーバーの設置場所となるデータセンターとは、24時間体制の復旧契約を結んでいます。データセンターは、免震構造でコンピューター用の窒素消火設備や非常用発電機を装備しています。サーバーは20mの津波がきても影響を受けない高さにあります。これは、東日本大震災以降に見直しされた東南海、南海、東海三連動地震時の最大津波高や過去100年間における最大級豪雨の2倍の総雨量による浸水を想定した防災対策です。また、ライセンス管理用のサーバーとトラブル時の情報発信用サーバーを別々のデータセンターに設置しています。万が一、サーバーがダウンした場合は、緊急用ライセンスを発行し、Webサイトおよび『ライセンスマネージャ』に対処方法を掲載します。

ミーラーリング
VeriSign

WebサーバーとWebライセンスサーバーは、データの安全性を高めるために、2台のハードディスクに同時に同じ内容の書き込みを行う高速ハードウェアRAID1(ミラーリング)を実装し高性能・高信頼性サーバー環境を整えています。

万が一どちらかのハードディスクに故障が発生した場合でも、システムを停止することなく、継続してサーバーを利用できます。

ライセンスの取得・返却ソフトウェア『ライセンスマネージャ』に、ソースプログラム検証サービス『InspectPro』(株式会社日立ソリューションズ)を導入して、セキュリティの脆弱性および信頼性にかかわる欠陥が無いことを確認しています。また、ライセンスの取得・返却時のデータ通信は、シマンテック・ウェブサイトセキュリティ社のSSL暗号化通信を採用し、更に弊社独自の暗号化処理を施しています。

万が一に備えた緊急USB

何らかのトラブルによりライセンスが取得できない場合は、応急処置として3日間ソフトウェアを使用できるようにする緊急USB(機器)を『Super Build総合メンテナンス』ご契約者のお客様にご提供しています。

情報量が豊富なWebサイト

弊社Webサイトには、圧倒的な情報量と発信力があります。商品情報はもちろんのこと、100社以上に及ぶお客様の声、ご利用者様の補助ツールとして2,500題を超えるQ&A、定期的に発信するセミナー情報等、運営管理を自社で行っている強みを 発揮しています。これらの情報は、メーリングサービスやSNS(Facebook)からも発信されています。

マーケティング誌「宣伝会議」2013/2/15号では、「思わず真似したくなる! お手本にしたいBtoBサイト10」に弊社Webサイトが“定期制があり、安心感のあるサイト” として紹介されました。

  • ユニオンシステムWebサイト
    ▲ユニオンシステムWebサイト
  • ユニオンシステムTwitter公式アカウント
    ▲ユニオンシステムお客様の声ページ
  • ユニオンシステムTwitter公式アカウント
    ▲ユニオンシステムFacebook公式ページ

安全管理体制

個人情報の保護管理体制

弊社の個人情報保護の基本方針として「個人情報保護方針」を公表するとともに、基本方針に定めた内容を実践し、お客様情報の適切な取り扱いに努めています。

弊社では個人情報保護をはじめ、関連法令等を遵守し、社内および外部委託先での個人情報の保護および安全管理措置の推進を図るため、弊社の個人情報管理責任者として、顧客情報統括管理責任者を任命するとともに、個人情報を含む情報セキュリティを担当する専任部門が、管理活動を推進しています。また、各部門に個人情報監督者を任命し、弊社個人情報保護の管理体制の整備、強化に取り組んでいます。

セキュリティ対策

弊社では、お客様にご迷惑がかからないようセキュリティ対策には細心の注意を払っています。社内で取り扱っているすべてのPC(サーバーやデモ機を含む)には、アンチウィルスソフトを導入しています。一元でセキュリティ管理体制を整え、パターンファイルの更新や定期的なスキャン等の対策を行っています。
また、各支店間の接続には専用回線を利用し、サイバー攻撃からシステムを守る対策も施しています。

AEDの設置

AED

万が一に備えて、セミナー会場や来客室にはAEDを設置しています。

AED(自動体外式除細動器)は、電源を入れると音声で操作が指示され、救助者がそれにしたがって除細動(=傷病者の心臓に電気ショックを与えること)を行う装置です。AEDは自動的に心臓の状態を診断し、電気ショックを与える必要があるかどうか判断しますので、医学的な知識が少ない方でも音声ガイダンスに沿った操作で救命処置ができます。

BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)

弊社では、従来から大規模地震を重要リスクのひとつとして位置づけています。将来発生が予測されている首都直下地震や南海トラフ地震などに備えて、安否報告基準の改定、備蓄内容の見直し、津波を想定した避難対策、広域停電時の設備・工程の安全停止対策、被災時に優先的に復旧を図る業務の見直し対策を実施しています。

※1:2015年11月に調査

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.