現在位置
トップページ > 商品・サービス > インターンシップ支援制度

インターンシップ支援制度

インターンシップ支援制度

インターンシップ支援制度とは

弊社は、CSR(企業の社会的責任)活動の一環として、構造設計者を目指す学生様を応援しています。
インターンシップを受け入れる構造設計事務所様を対象に、一貫構造計算ソフトウェア『Super Build®/SS7』を始め、耐震診断や地震応答解析など、弊社すべてのソフトウェアが無料でご利用いただけます。
インターンシップ受け入れの際には、お気軽にご相談ください。

内容 『Super Build』・『SS21』シリーズすべてのソフトウェアを無料提供。
対象 ・インターンシップを受け入れる構造設計事務所様。
・インターンシップ終了後、学生様への簡単なアンケートにご協力いただけるお客様。

こんなときにおすすめです

  • 実習で構造計算ソフトウェアを使いたいが、ライセンスが足りない。インターンシップの期間だけ増やすことはできないか?
  • 会社では他社のソフトウェアを利用しているが、インターンシップに来る学生がユニオンシステムのソフトウェアを研究室で使っている。短期間で新しいソフトを覚えるのは難しいので、ユニオンシステムのソフトウェアをしばらく貸してほしい。

主なソフトウェア

『Super Build®/SS7』 『SS3』の“安心・信頼”を継承した商品。
進化した“ 操作性・視認性・レスポンス”により構造設計の省力化を追求し、これまで多くの構造設計者様からいただきましたご要望を実現した一貫構造計算ソフトウェア。
『Super Build/SS3』 RC 造・S 造・SRC 造・CFT 造およびこれらが混合する構造物について、部材剛性の計算、各荷重計算(固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風圧力・地震力)、部材応力の計算、計算ルートの合否判定、断面検定、保有水平耐力の検討、崩壊形保証のためのクライテリアの検討、終局時せん断力に対する再検討までを一貫して行う構造計算ソフトウェア。
『Super Build/RC診断2001 Ver2.6(2014)』 一般財団法人 日本建築防災協会発行「2001年改訂版 既存鉄筋コンクリート造建築物の 耐震診断基準 同解説」に対応した、鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断(1次診断・ 2次診断・3次診断)を行うソフトウェア。
『Super Build/BF1』 基本的な基礎設計項目(支持力計算・杭の水平抵抗計算・フーチングの断面算定)から地盤の実状に応じた検討(ネガティブフリクション・多層地盤モデルによる水平抵抗計算)、さらに、沈下量計算・保有耐力計算等まで、幅広く基礎設計を支援するソフトウェア。
『Super Build/FA1』 線材要素と壁(エレメント置換)で構成された任意形状平面フレームに荷重、支持条件を与え、各種解析を行うソフトウェア。
『SS21/3D・DynamicPRO』 一貫構造計算ソフトウェア『SS7』または『SS3』の計算結果をもとに、立体フレームモデルによる部材レベルの動的弾塑性応答解析を行うソフトウェア。
『SS21/IsolationPRO』 免震告示に対応した免震装置の配置計画を支援するソフトウェア。
『SS21/ShakePRO』 液状化や過剰間隙水圧の上昇が予測される場合、有効応力の逐次変化を考慮した解析(有効応力解析)を行うソフトウェア。
『SS21/DynamicPRO』 多質点モデルに置換された建物の地震応答解析(固有値解析および時刻歴応答解析)を行うソフトウェア。

お申し込み条件

  • お申し込みは、1年に1社1回のみとさせていただきます。
  • お申し込み後、弊社の「重要事項の説明書」に同意していただく必要があります。
  • ご利用できるライセンス本数は、インターンシップを受け入れる学生様の人数を上限とさせていただきます。
  • インターンシップ終了後、学生様への簡単なアンケートにご協力していただきます。
  • 申込書にご記入いただいた学生様情報をもとに、弊社から在籍している研究室に訪問する場合があります。
  • インターンシップ支援制度で提供するソフトウェアは、商用・営利または収益が発生する活動で使用することはできません。
  • ご記入いただきましたお客様の個人情報は、弊社の個人情報管理責任者の下、法令で定められた場合を除き、商品・サービス・セミナーのご案内等、弊社営業活動以外の目的では使用いたしません。
    詳細は、弊社 webサイト「個人情報保護方針」をご確認ください。
  • お申し込み用紙をダウンロード

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.