現在位置
トップページ > お客様の声 > SS7:有限会社フォーム設計計画 様

お客様の声

お客様

[一貫構造計算ソフト]Super Build/SS7

ソフトの詳細を見る

(写真)有限会社フォーム設計計画様
右:高良 慎也 様
左:渡慶次 真弓 様
会社名
有限会社フォーム設計計画 様
事業内容:
建築設計・監理 耐震診断・補強設計・天井耐震診断 建物劣化調査
所在地:
沖縄県那覇市

『SS7』の良いところを挙げていくと、きりがないですね

主にどのような物件が多いでしょうか?

ここ数年は、耐震診断や補強の設計業務が多くなっています。
建物種別としては、学校校舎の他に複雑な形状をした鉄骨の工場や劇場などが増えてきています。新築では、最近、店舗設計を行いましたが、割合的には耐震診断の方が多いですね。

ソフトをご利用になったきっかけを教えてください。

以前に勤めていた事務所で『SS3』を使っていたのがきっかけですね。
『SS3』以外に2社の一貫構造計算ソフトも使っていました。
3社のソフトを比較して、ユニオンさんのソフトが使いやすいと感じていましたので、父親の事務所に戻ったときは、ユニオンさんと契約しました。

主な利用方法を教えてください。

ほとんどの物件を『SS3』と『SS7』で進めています。ユニオンさんはソフトのシェアが高いので、協力事務所とのデータの受け渡しなどがスムーズに行えるので助かっています。

構造計算書提出率
▲構造計算書提出率

『SS7』を購入したきっかけを教えてください。

『SS7』のWebサイトやカタログを見て、今まで『SS3』で困っていたところが改善されていると分かりましたので、強い関心を持ちました。
また、『SS7』の商品・発表説明会に参加して、詳細な機能や操作デモを見て、すぐに購入したくなりました。

具体的に『SS7』の気に入った機能を教えてください。

『SS3』では、層をまたぐブレースの入力に苦労しましたが、『SS7』では簡単に入力ができるようになりましたので、作業の効率化につながっています。

層をまたぐブレース入力
拡大する
▲層をまたぐブレース入力

また、ダミー層やスキップフロアの入力ができるようになった部分もアドバンテージがあがりましたね。
メッセージウィンドウから結果にジャンプする機能も便利です。

スキップフロア
拡大する
▲スキップフロア

結果メッセージから該当項目へジャンプ
拡大する
▲結果メッセージから該当項目へジャンプ

ある複雑な物件でブレースの登録数が200個を超えることがありました。『SS3』のブレース登録数の上限は200個でしたが『SS7』では999個まで登録できるようになったのも地味に助かった機能です。

開口が重なっている部分や耐震壁の自動判定、検定比のリアルタイム表示など視覚的にエラーや数字が確認できるので、入力作業の時間短縮につながっています。

開口入力時に耐震壁を自動判定
▲開口入力時に耐震壁を自動判定

入力に不正がある部材は色を変えて表示
▲入力に不正がある部材は色を変えて表示

データ入力画面で検定比を表示
拡大する
▲データ入力画面で検定比を表示

あと、計算結果が5つまで保存できるようになったのも便利ですね。『SS3』の時は、結果ごとに物件データを作成していたので、データを比較するのが大変でした。

データ入力画面で検定比を表示
拡大する
▲1つの物件で計算結果を5つまで保存

『SS7』の良いところを挙げていくと、きりがないですね。(笑)

他社メーカーのソフトと比較していかがでしょうか?

弊社スタッフの渡慶次が大学時代に1~2週間、ユニオンさんのソフトを使って耐震診断や振動解析を行う機会がありました。その時、解説書を参考にしながら直感的に入力操作ができていたので、ユーザーインターフェースが優れているなと思います。

現在、部材レベルで計算できる振動解析ソフトは、A社のソフトを使っています。
今後、大規模施設での耐震補強設計では、必要になってくるソフトです。
制震補強などの物件も増えてくると思いますので、ユニオンさんの『3D・DynamicPRO』(立体フレーム動的弾塑性応答解析ソフト)のリリースを楽しみにしています。

『3D・DynamicPRO』(開発中)
▲『3D・DynamicPRO』(開発中)

弊社サポートセンターの対応はいかがでしょうか?

電話でよく利用しています。
回答はどんなに遅くても2時間以内にいただけるので、満足しています。
あと、おかしな数値結果が出たときなどは、データをチェックしていただけるので助かっています。

その他、ユニオンシステムに対してご意見・ご感想などあれば教えてください。

沖縄県でもセミナーや勉強会をもっと実施してほしいです。現状は、規準本などの書籍から情報を得ています。技術的な話を聞ける場は、貴重ですので、ユニオン主催のセミナーをご検討ください。

また、現在、BIM化を進めており、3DCADソフトや積算ソフトを導入しています。 元請や周りの事務所でも3DCADソフトを利用しているところが多くなっています。
弊社は、『SS3』→「St-Bridge」を活用していますので、双方向リンクや『SS7』のBIM対応を早く完成していただきたいです。
沖縄県は建築業界でのBIM活用が多く取り入れられていますので、BIM連携の開発に力をいれてください。

『SS7』とBIMソフトとの連携図
拡大する
▲『SS7』とBIMソフトとの連携図

本日はありがとうございました。

取材協力:高良 慎也 様、渡慶次 真弓 様

取材日:2016年12月


ソフトの詳細を見る

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.