『Super Build/SS3』の導入事例

株式会社 構建設計事務所

ソフトウェア

プレストレストコンクリート造の物件にも有効活用!

株式会社 構建設計事務所

四谷 明治 様、佐々木 雄一 様

所在地:北海道札幌市  業種:構造設計事務所

『Super Build/SS3』は、どのような物件にご利用いただき、またどのような機能をよく利用されていますか。

S・RC・SRC造の新築物件や耐震診断物件に利用しております。最近は、確認申請事情もあって、『SS3』” 屋根風力係数の計算” 機能や柱脚部”コンクリートの破断防止”の計算機能が重宝しています。
また、『BF1』へのリンクも有効活用し、基礎・杭の設計も一緒に行っています。

他にも、よく利用する機能としては、【3D作図】ですね。その中でも【水平力分担】や【応力図】【検定比図】などは、設計していく上で必ず確認する内容ですが、表示の色分けも可能なのでとても見やすく、よく利用しています。

プレストレストコンクリート造の設計にも活用いただいているようですが…。

そうです。弊社では【プレストレストコンクリート造】の設計ツールの開発・販売・設計も行っております。PCフレーム計算プログラム『PC2001』では、PC梁を含むフレーム(RC造柱、梁を含む)について、応力計算から断面算定まで一連して計算します。長期・短期応力の計算方法を選択でき、プレストレスト導入時応力と、設計時応力を割合にて分けることが可能です。

また、RC梁の設計レベルは、フルプレストレシングからPRC造まで選択でき、RC柱の設計では丸柱も可能です。プレストレストによる応力(二次応力)を考慮した断面算定も行うことができるようになっております。

具体的には、どのようにご利用いただいているのですか。

『SS3』で建物情報を入力し、荷重計算から応力計算まで行います。そこで、【CSV出力】機能を使って梁や柱の【設計応力】を出力します。CSVに出力した設計応力を少し加工し、『PC2001』に直接入力(貼り付け)します。それから、『PC2001』で再度応力解析と断面算定を行い設計します。

ルート3の場合は、『PC2001』で終局曲げ耐力、終局せん断耐力、ひび割れ耐力、剛性低下率を求め、『SS3』に戻し、荷重増分解析により保有水平耐力の確認をしています。お互いのプログラムで直接入力機能なども充実しているので、とても便利に活用しております。

PC部材を使用した建物で場所打ちPCを扱う際には、施工手順ごとの解析を行わないといけないので、設計変更や部材変更による部材軸力がほんの少し変化しても、PC部材の設計に影響が出るため、全てやり直しとなります。『SS3』の【CSV出力】機能があるからこそ、設計工期の大幅な短縮を実現する事ができました。今後は、PCモデルの復元力(提案式)を取り入れ、振動解析による耐震検証を行うことを考えています。

本日は、ありがとうございました。

取材協力:四谷 明治 様、佐々木 雄一 様

会社概要

【 会社名 】
株式会社 構建設計事務所
【 URL 】
http://www.kouken-s.co.jp/
【 所在地 】
北海道札幌市
【 事業内容 】
建築構造設計『S・RC・SRC造』、建築構造設計『プレストレストコンクリート造』、耐震診断・耐震改修、構造監理・ソフトウェア販売等

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ