『Super Build/SS3』の導入事例

株式会社 青木豊建築設計事務所

ソフトウェア

計算書のまとめ方が上手なので、出力が少なくて済みます!

株式会社 青木豊建築設計事務所

富樫 禎実 様

所在地:東京都渋谷区  業種:構造設計事務所

ご利用のきっかけをお聞かせください。

もともとN社さんのプログラムを長年利用していました。ユニオンさんの『SS3』を使用したきっかけは、マンション物件をやるときにお付き合いしている構造事務所さんが『SS3』を利用しているところが多く、特にウルボンなどの高強度せん断補強筋や柱脚などの機能アップが早いこともあって、できれば『SS3』で解いて欲しいという要望も多かったので、2年ほど前に導入しました。導入後に、確認検査機関とか適判でも『SS3』のシェアが大きいので見やすいと言われています。
『WRC』を利用した理由は、ある案件を協力して行った構造事務所もS社の壁式プログラムと『WRC』を利用していたのですが、『WRC』の方が使いやすいと言っていました。そこで、まずは「ASP」で使ってみました。何度か使用するうちに、導入に踏み切りました。

「ASP」-レンタルの流れ
▲「ASP」-レンタルの流れ

主な利用方法や導入効果をお聞かせください。

弊社にはS社さんの壁式プログラムもあるのですが、データの作成は『WRC』の方が直感的に入りやすく、解析条件のイメージもすんなり理解できました。曲げ補強筋や開口補強筋も、入力後にチェックしやすく、間違いにくいと思います。
ヘルプ画面で十分入力ができました。あとは計算条件の設定の自由度が高く、対話式で分かりやすいです。通り軸の追加もやりやすく、任意系プログラムと比べるともう一歩というところはありますが壁式プログラムとしては十分満足しています。『WRC』とS社さんの壁式を初心者が同時に入力すると、断然『WRC』の方が早く、使いやすいと思います。

『SS3』の場合は、協力事務所とのデータのやり取り以外にメーカーの材料がほとんど対応しているので助かります。また計算書の出力がこれまで使っていたプログラムと比べると少なくて済みますね。特に断面算定の出力は、N社さんだと1枚に1,2部材しか出してくれないのですが、『SS3』の場合はまとめ方がうまく1枚にいくつもの断面を出力してくれているのが大きいと思います。また、エラーやワーニングメッセージが整理されていて分かりやすいです。チェックリストも整理されていて、枚数が少ないのも助かります。
あと、計算速度が速いのには驚きました。特に『SS3』は保有水平耐力計算の速度がすごく速いですよね。N社さんだと1時間以上かかる物件が『SS3』だと数十分の時間で終わってしまいます。何か特別な作り方をやっているのですか?

その他、ユニオンシステムに対してご意見・ご感想などあればお聞かせください。

『SS3』を利用しだしてまだ2年目で、今はN社の一貫と並行して利用していますが、取引先と相談してマンションなどの案件の場合は『SS3』を利用するケースが増えてきています。
『WRC』は立体解析のみの契約ですが、略算法は標準で使用したいとか、基礎梁、杭基礎の扱い、図面が先行することが多いので図面データから基本データを作成したいとか、いろいろと要望もあります。今後のユニオンさんの開発力に期待しています。

本日は、ありがとうございました。

取材協力:棚瀬 訓 様、富樫 禎実 様

会社概要

【 会社名 】
株式会社 青木豊建築設計事務所
【 所在地 】
東京都渋谷区
【 事業内容 】
RC・S・SRC造の建築構造設計

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ