『Super Build/SS3』の導入事例

西松建設 株式会社

ソフトウェア

BIMが推進されていくと、『SS3』とのデータリレーションの重要度がますます高まってきます。

西松建設 株式会社

左から浅井 様、山岸 様

所在地:東京都港区  業種:建設業

BIMと構造設計業務について教えてください。

今までは、意匠は意匠、構造は構造、設備は設備で、それぞれが建物モデルデータを形成し、何か問題が発生した時には、それぞれでデータ変更をした訳ですが、とても効率が良いとは言えませんでした。ところがBIMであれば、法規制チェックをはじめ、意匠・構造・設備と共通データが双方向にリレーションするので、設計業務の効率を上げることができるのです。
例えば、意匠設計から構造設計へ建物モデルデータを構造計算ソフトウェアにデータ連携させたとします。当初の仮定断面では構造解析結果を満足できなかったとしたら部材断面の変更となりますが、そうなると建物モデルデータを構造設計から意匠設計へと戻す必要が生じてきます。その結果、お客様が希望するサッシを設置できなくなるとか、空調用通気管が配置できなくなるとか、ALC版の寸法をとれなくなるとか、いろいろな問題が生じて、意匠設計と構造設計の間で調整が必要になってきます。今までは、その打合せを紙ベースとなる2次元で行ってきましたが、双方向なデータリレーションであれば、共通の3次元建物モデルデータを使って、問題となる部分を立体的に目で捉えられるようになり、意匠と構造でお互いの理解を早めることができるのです。建物全体においても、よくある基礎とエレベーターピットの干渉チェックにも役立てられますし、設計上の入力ミス防止と抑制効果も得られます。そして、もし、建物の躯体そのものに変更が生じた場合、『TP-PLANNER』(開発元:株式会社コミュニケーションシステム)まで戻って、瞬時に法規制チェックをかけられることが大きな意味を持ってきます。
ここまでくれば、仮定断面として設計した計画段階の設計といえども、実務設計レベルのプランとしてでき上がってしまっているものですから、全体工程の前倒しとなります。実際、実施設計に入った段階では、ほとんどの設計業務は終了していますから、後は部分的な計算や配筋詳細やリスト図などの書類作成作業となり、業務短縮化につながります。また、早い基本計画段階で、双方向のやりとりにより建物躯体が決定できれば、躯体にかかる積算も同時に行えますので、コストシミュレーションの観点から建物モデルの変更も可能となります。
最近ではさまざまなBIM関連ソフトウェアがあり、設計スタッフからもソフトウェア導入の声が挙がってきています。設備コストをかけて新しいソフトウェアを導入し、教育を受け、円滑に使用できる環境を整備し、一元化された3次元データを活用できたとしても、費やした導入コストや運用コストをお客様から報酬としていただける訳ではないのです。それでもBIMに取り組むのは、お客様の財産となる土地に希望される建物をできる限り実現させたいからです。だからこそ、BIMを進めていくために、何をプラットホームに据えるかということがとても重要になってきます。

『SS3』・『TP-PLANNER』の連携
▲『SS3』・『TP-PLANNER』の連携

構造計算ソフトウェアとの連携を教えてください。

社内社外の皆々から、ユニオンシステムの構造計算ソフトウェアが良いと聞いていました。“某メーカーの解析ソフトウェアは形状的制約がなく、自由な建物架構が入力できるので、そのソフトウェアを導入したらどうだ?”と勧めても、設計スタッフからは、“ユニオンシステムは、導入後のサポートが充実しているので、安心して使用できる。”と返ってきました。最近では、ユニオンシステムのソフトウェアはバリエーションに富んでいるので、これが良いあれが良いという話を聞いています。

当初、構造解析ソフトウェアは某構造計算ソフトメーカーへのデータリレーションを考えていたのですが、いつの間にかユニオンシステムの『SS3』がメインとなっており、『SS3』とデータ連携ができればと考えるようになりました。現在は、『TP-PLANNER』と『SS3』の双方向でデータリレーションが実現できていますからね。

今後、BIMが推進されていくと、『SS3』とのデータリレーションの重要度がますます高まってきます。『SS3』の連携がより強化されれば、意匠・構造設計担当者は、『TP-PLANNER』・『SS3』共に使用できるようにしていくつもりです。これは、設計に携わる以上、最低限の基本計画設計や構造設計を理解してもらう狙いがあります。今後社内においても、早急に運用上のルールを決め、作業手順書を作成していきます。更なるデータリレーション強化も含め、ユニオンさんにはいろいろとご協力をお願いしたいと思います。

Piranesi&MicroGDSアワード2008 アルファコックス賞 受賞
▲Piranesi&MicroGDSアワード2008 アルファコックス賞 受賞

本日は、ありがとうございました。

取材協力:山岸 様、浅井 様

会社概要

【 会社名 】
西松建設 株式会社
【 URL 】
https://www.nishimatsu.co.jp/
【 所在地 】
東京都港区
【 事業内容 】
建設事業、開発事業、不動産事業ほか

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ