『Super Build/SS3』の導入事例

株式会社 山本設計

ソフトウェア

柱脚の設計でM-N曲線が確認できたり自動的にバネが入ったりする

株式会社 山本設計

左:秋田 佳紀 様、右:山本 康之 様

所在地:広島県広島市  業種:構造設計事務所

主にどのような物件を手掛けていらっしゃいますか?

幅広く手掛けています。マンション、ショッピングセンター、病院、葬儀場、クレーンが縦横無尽に走る大きなパーツの工場、造船所の建屋、プラント、倉庫なども手掛けました。

『SS3』をご利用いただいて、どうでしょうか?

設計に必要な機能がツールとして揃っている点は良いですね。例えば柱脚の設計が一連で解析できるのは楽です。M-N耐力曲線が確認できたり、自動的にバネが入ってきたりするのも良い点です。マウス入力は直感的に入力することができますよね。『SS3』の周辺プログラムも充実していますし、データをリンクして他のプログラムを使用できることも便利だと感じています。要望としては、自走式立体駐車場での梁の段違いなど、節点で層を区別できるようなプログラムを開発してほしいです。

他のソフトウェアはいかがでしょうか。

『FA1』は、『SS3』で解析した物件の検証ツールとしてよく使いますね。『SS3』の補完的なソフトウェアと言っても良いでしょう。2次部材の計算にも使いますし、耐震診断をするときにいろいろなフレームを並べて解析することもあります。工場をすべて『FA1』で解析したこともありました。

サポートセンターなどはいかがですか?

サポートセンターは丁寧に対応してもらっているので助かっています。解説書は、計算で使用している式がきちんと明記されていますよね。当たり前のことですが、A社の解説書にはほとんど計算式が載っていません。このあたりは、充実していると感じています。

本日は、ありがとうございました。

取材協力:代表取締役 山本 康之 様、専務取締役 秋田 佳紀 様

会社概要

【 会社名 】
株式会社 山本設計
【 所在地 】
広島県広島市
【 事業内容 】
構造設計監理

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ