『Super Build/SS3』の導入事例

株式会社 エスパス建築事務所 東京設計室

ソフトウェア

マウス入力はカスタマー・サティスファクション(顧客満足)

株式会社 エスパス建築事務所 東京設計室

岩城 貞照 様、松永 一夫 様

所在地:東京都文京区(本社:大阪府大阪市)  業種:構造設計事務所

当社の商品を導入した時期と経緯を教えてください。

テクノプロ時代から『SS1(現SS3)』を使っています。もう20年くらい前の話になりますね。導入の経緯としては、当時E社ソフトウェアを使っていたのですが、対話入力ができる『SS1』とB社ソフトウェアとを比較検討して、『SS1』を選択しました。

メインでご使用いただいているのでしょうか?

取引先に合わせて使用しています。現在A社ソフトウェアとE社ソフトウェアと三つ巴ですが、操作性は『SS3』が良いと思います。

『SS3』のこれは便利と思う機能は何ですか?

『SS1』では、一連計算での基礎関連が先駆け的でしたよね。基礎梁に杭の曲げ戻しが入るという機能が、当時は画期的でした。『SS3』では対話入力からマウス入力になりましたが、カスタマー・サティスファクションになったように感じます。また、すぐ応力結果が図として見える所も良いですね。

マウス入力は、どういった所が使いやすいですか?

柱梁の符号整理は、対話入力と比較すると格段に使いやすくなっています。小梁の特殊荷重もスイスイ入りますし、開口入力も便利です。

導入して良かったことは何ですか?

やはりスピードが上がったことだと思います。その反面、大事な所を失ったんじゃないかとも思いますね。大事な所というのは、構造設計の基本の部分というか、こだわりみたいなものです。細かい荷重を正確に入れても、過程が間違っていたらどうしようもないわけですから、設計者はもっと視野を広げて使用しなければいけませんね。

サポートセンターはご利用になっていますか?

対応がすごくいいです。簡単な質問にも紳士的に対応してくださっています。最近では、応力が合わなくて、サポートセンターにデータを送って見てもらったら、「こっちにこういう応力が入っています」というふうに言われて、一緒に図式の回答もいただいて助かりました。あと、こういう機能があればという要望を伝えていますので、将来実現することを楽しみにしています。

本日は、ありがとうございました。

取材協力:岩城 貞照 様、松永 一夫 様

会社概要

【 会社名 】
株式会社 エスパス建築事務所 東京設計室
【 URL 】
http://espace-ao.com/
【 所在地 】
東京都文京区(本社:大阪府大阪市)
【 事業内容 】
建築構造に関する構造計算および構造図面作成業務

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ