『Super Build/SS7』の導入事例

株式会社To-Bi 沖田設計一級建築士事務所

ソフトウェア

3D図では、表示したい層や階、フレームの選択画面を表示したまま指定できますので、入力形状の確認に重宝しています。

株式会社To-Bi 沖田設計一級建築士事務所

沖田 浩一 様

所在地:東京都大田区  業種:構造設計事務所

『SS7』導入のきっかけを教えてください。

『SS3』の後継として、新しいソフトウェアが出たからですね。今後『SS3』がなくなるのではないかと思って、早めの導入を決断しました。

実際、『SS7』を利用して、使いやすくなった点を教えてください。

確認が1画面で済むところが使いやすいと感じています。『SS3』では、複数の画面を開いて確認していましたが、『SS7』は、あちこち開かなくても計算した結果が1つの画面上で確認できるので、とても便利です。

片持ち床の入力は、『SS3』では1つの梁に対して1つしか配置できませんでしたが、『SS7』では両側に配置することができるのも便利です。お施主さんへの説明も容易です。入り隅の形状を認識して自動で処理してくれるようにもなりましたね。

作図機能も『SS3』より進化したと感じます。応力図においては、躯体図が表示されますので、袖壁が付いているときなどの確認が容易です。 また、3D図では、表示したい層や階、フレームの選択画面を表示したまま指定できますので、入力形状の確認に重宝しています。

設計業務の効率化に繋がった機能を教えてください。

解析スピードが『SS3』と比較して圧倒的に速くなりましたので、効率化に繋がっています。

プログラミングの最適化とマルチスレッドで解析時間を短縮
▲プログラミングの最適化とマルチスレッドで解析時間を短縮

解析結果をCSVに出さなくても、『SS7』の結果シート出力(軸力、支点反力、水平力分担の結果など)の結果を『Microsoft® Excel®』に貼り付けて集計できますので、確認が容易になりました。

リストの符号を選択すると、入力画面の伏図や軸組上の符号の色が変わります。よって、どこにその符号を配置したのか一目で確認できますし、データの入力漏れがないかすぐにチェックできるのは効率化に繋がっています。

本日は、ありがとうございました。

取材協力:沖田 浩一 様、渡辺 幸夫 様
取材日:2017年2月

会社概要

【 会社名 】
株式会社To-Bi 沖田設計一級建築士事務所
【 所在地 】
東京都大田区
【 事業内容 】
建築構造設計(S、RC、SRC、木造)、上下水道施設の構造設計

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ