便利な機能

入力-全般
作図ウィンドウの複数表示
部材ウィンドウの自動展開
一括して同じデータを入力する方法
入力・配置-全般
「下からコピー」と「層を指定してコピー」
入力-階高・スパン長
基準スパン長・階高 自動補正機能
入力
部材の寄り
入力-節点上下移動
立面図での節点の整列
入力-標準使用材料
鉄筋重心位置、かぶり厚さの個別指定
入力・登録-柱
符号登録で下方コピーを使う
複数符号を一度に削除
入力・登録-大梁
配筋入力時、層の最後の入力でカーソルがストップ
配筋のコピー
入力した配筋を初期値に戻す
大梁の2段筋、3段筋の入力で、ピリオド
入力・登録-梁主筋
1段筋と2段筋で径が異なるときの入力
入力・登録-壁
入力箇所の補助説明
橙色の“標準”表示
壁符号の入力
スリットの入力
関連部材の登録画面を呼び出す
入力・登録-開口
『SS3』の開口タイプを入力
入力・配置-開口
傾斜部材に沿う開口タイプ
開口の左右反転
開口入力時(未解析状態)に耐震壁の判定
開口を複数の壁にコピーする方法
既に配置してある開口を別の壁に配置する方法
入力・配置-開口、小梁
不正な開口と床のデータは色を変えて表示
編集-床
積載荷重の参照表示
入力-小梁
小梁の配置
入力・配置-小梁
小梁の角度指定
入力・登録-片持梁・片持床
跳ね出し長さを描画
入力・配置-片持床
片持床の複数配置
立面図での片持床の確認・編集
配置した部材と同じ部材を簡単に配置する方法
入力・配置-フレーム外雑壁
フレーム外雑壁の移動・連続入力
入力-計算条件
計算条件
編集-大梁・柱
参照先にジャンプ
編集-小梁
小梁の複数同時編集
編集-特殊荷重
特殊荷重の登録行の変更
編集-全般
配置した部材の選択方法
重なった符号等を大きく表示する方法
出力
出力ウィンドウの複製
シート出力の並び替え
構造計算書プレビュー
作図
土圧・水圧の確認
特殊荷重の確認
結果作図を躯体図と重ね合わせる

お電話でのお問い合わせはこちら

先頭へ