設計シミュレーションの省力化を実現

1つの物件で計算結果を5つまで保存

計算結果を最大5つまで保存できますので、効率よく設計シミュレーションができます。
また、各結果保存時の入力データおよび計算結果をすぐに復元できます。

1つの物件で計算結果を5つまで保存

この機能の動画を見る

複数結果の同時表示で比較検証が簡単に

計算結果1~5までの作図結果や結果シート出力ウィンドウを一度に表示できますので、各計算結果の比較検証ができます。

ウィンドウを複製します

複製

複製した計算結果を並べて表示できます.計算結果を複製して比較したい解析結果に切り替えできます

この機能の動画を見る

計算結果はリアルタイムに反映

作図結果や結果シート出力を表示している状態で部材の断面を変更して再計算すると、表示している作図結果や結果シート出力に計算結果がリアルタイムに反映されます。

計算結果はリアルタイムに反映

プログラミングの最適化とマルチスレッドで解析時間を短縮

ソフトウェア全体のプログラミングの最適化により、大幅に処理速度が向上しました。
また、増分解析では、X 方向、Y 方向の正加力、負加力を同時解析することで飛躍的なスピードアップを実現しています。

プログラミングの最適化とマルチスレッドで解析時間を短縮

『SS7』と『SS3』の解析時間の検証結果*1

RC造
建物規模
X方向:15スパン  Y方向:5スパン  階数:15階

ソフトウェア SS3 SS7
解析時間 25分7秒 3分5秒

約1/8短縮

『SS7』と『SS3』の解析時間の検証結果 RC造

S造
建物規模
X方向:13スパン  Y方向:13スパン  階数:4階

ソフトウェア SS3 SS7
解析時間 13分11秒 58秒

約1/12短縮

『SS7』と『SS3』の解析時間の検証結果 S造

  • *1:検証したPC スペック
    • ・[OS]Windows10(64bit版) [CPU]Corei7 [ドライブ]SSD
    • ・『SS7』と『SS3』の解析時間は、建物規模やPC スペックによって変わります。
    • ・保有水平耐力計算は、Ds 算定時、保有水平耐力時の全ケースで解析しています。

お電話でのお問い合わせはこちら

先頭へ