『Super Build®/SS7』Ver.1.1.1.11 機能アップ予定

一貫構造計算ソフトウェア『Super Build®/SS7』Ver.1.1.1.11で機能アップする項目について、ご案内いたします。

リリース日は、2018年12月を予定しています。

機能アップ予定項目

2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書の質疑(Q&A)の No.42-③の対応として、S造露出柱脚の立ち上げ部のせん断力による剥落の検討はアンカーボルトがせん断力を負担するときのみ行うようにします。

『SS7 Op.積算』において、基礎関連と土工・地業の積算を行えるようにします。

下水道施設の検討として下記の対応をします。

  • 柱、梁の終局曲げ耐力においてコンクリート標準示方書式を追加します。
  • 終局耐力計算条件
  • Q-δに絶対変位を出力します。
  • Q-δ(二次)-結果1
  • 積載荷重の最大値を変更します(99999→999999N/m2)。
  • 床

マウス入力において、シート形式で編集できる「シートウィンドウ」を追加します。

  • シートウィンドウはマウス入力の配置情報をシート形式で表現したものです。シート上のデータを並び替えて編集したり、セルをクリックして平面・立面で配置を確認したりできます。
    対応しているメニューは「3.建物特殊形状」「5.荷重」「7.部材配置」「8.特殊荷重及び補正重量」「9.剛性」「10.応力」「13.基礎計算」です。
  • シートウインドウイメージ

基礎関連において、次の機能を追加します。

  • 構造計算書「12.基礎・地盤」に、基礎関連の出力項目を追加します。
  • 結果出力、添付資料「7.基礎関連」に「7.14.7.杭頭定着筋選定(場所打ち杭)」、「7.14.8.杭頭定着筋選定(既製杭)」を追加します。
  • 場所打ち杭の引き抜き力の計算において、拡底部分の摩擦を考慮するようにします。
  • [13.1.基礎計算条件-1.基礎の考慮]の選択肢名称を以下のように変更します。
    • 旧)する(基礎偏心・杭頭曲げ直接入力による基礎梁応力計算)
    • 新)応力直接入力(基礎偏心・杭頭曲げ直接入力による基礎梁応力計算)

荷重増分解析の解析終了条件での、最大の層間変形角が指定層間変形角に達した場合の判定について、剛床解除した柱も対象にできるよう計算条件を設けます。また、以下の出力でその位置が確認できるようにします。

  • シート出力 「11.1.解析終了要因」
  • 結果作図 「1.7.Q-δ図」、 「1.9.Qu/Qun図」
  • 構造計算書「11.3.構造特性係数Dsの算定」、「11.4.保有水平耐力の算定」、「11.5.各階の層せん断力-層間変形曲線」、「11.6.各階の保有水平耐力の検討」
  • 結果出力、添付資料「10.応力解析(二次)-10.1.Ds算定時」、「10.応力解析(二次)-10.2.保有水平耐力時」、「11.必要保有水平耐力」、「12.保証設計」、「13.クライテリアのチェック」

SABTEC RCS混合構造設計指針(2018年) 露出柱脚基礎梁機械式定着に対応します。

フルサト工業株式会社のフリーベース工法に対応します。

二重鋼管座屈補剛ブレース、二重鋼管座屈補剛ブレース(制振用)の評定番号、参考文献を更新します。

構造計算書「7.2.4.長期軸力と負担率」、結果出力、添付資料「5.1.長期軸力」に、長期の支点反力図を追加します。

梁の断面リスト、S梁仕口継手の断面算定表、SRC梁仕口継手の断面算定表に継手のはしあきを出力するようにします。

3D図の「層、階、フレームの指定」において、非表示としていた部材を半透明で表示させる機能を追加します。また、3D図に切断面を任意に指定して切断表示ができる機能を追加します。

  • 層、階、フレームの指定

シート出力や作図などのウィンドウからの出力において、ウィンドウを閉じるまで印刷設定を保持するようにします。また、印刷設定の[余白・ページ]タブの設定を既定値として保存できるようにします。

結果作図において、以下の機能を追加します。

  • 標準階高・基準スパン、構造階高のずれ、階名を作図できるようにします。
  • 一本部材の指定範囲を矢印で作図する機能を追加します(構造計算書「1.2.1.床伏図」では梁、「1.3.略軸組図」では柱)。

計算結果を誤って上書きしないようにロックする機能を追加します。

※「解析指定」「結果の一覧」画面において指定できます。ロックすると上書きでの計算ができませんが、結果表示、復元、計算書出力、メモの編集はできます。

  • 解析指定

開くの画面において、物件データリストに「主体構造」列を設けます。

  • 物件データを開く

解析終了時に音で知らせる機能を追加します。

バージョン変換時およびデータを開く間に、処理中であることを示すメッセージウィンドウを表示します。

ご不明な点がございましたら、弊社営業支店または販売代理店 までお問い合わせください。

このページを印刷するこのページを印刷する


2018年11月14日

ユニオンシステム株式会社

「ソフトウェアをご検討中の方」向けのお問い合わせ窓口をご案内いたします。

お問い合わせフォーム

ソフトウェアの購入や体験版に
関するご相談はこちらから

お問い合わせフォームへ

資料請求フォーム

ソフトウェアカタログの
資料請求はこちらから

資料請求フォームへ

電話

東京支店
03-3352-6121
名古屋支店
052-269-3311
大阪支店
06-6768-9338

受付時間 9:00~12:00/13:00~18:00
※土日・祝日、弊社規定休業日除く

ページの先頭へ