『Super Build®/SS7』Ver.1.1.1.13 機能アップ予定

一貫構造計算ソフトウェア『Super Build®/SS7』Ver.1.1.1.13で機能アップする項目について、ご案内いたします。
リリース日は、2019年9月を予定しています。

機能アップ予定項目

RC規準2018年版の「16条 付着」に対応します。

  • カットオフ筋が不要となる位置の確認
  • 安全性確保の検討内容の変更
  • 通し筋の付着長さの変更
  • 3段筋の対応

RC規準2018年版の「19条 壁部材の算定」に対応します。

  • 耐震壁の許容水平せん断力の計算において、付帯柱のせん断補強筋にSD490を用いている場合、短期許容引張応力度wftを390N/㎜²として計算するようにします。

RC規準2018年版の「20条 基礎」に対応します。

  • 杭基礎の許容せん断力の算定において、アーチ機構によるα効果を考慮できるようにします。
  • 曲げの検討において、d/lp≧2.0の場合、許容Maの値の横に*を出力するようにします。
  • 杭基礎曲げアスタ
  • 杭基礎の付着の検討において、テンションシフトを基礎スラブの有効せいから、柱面から杭心(最外縁)までの距離に変更します(16条)。

結果出力、添付資料において、[6.断面算定表-6.15.配筋リスト]を追加します。

  • 結果出力の項目一覧

[9.剛性-2.剛性低下率-6.垂壁腰壁袖壁]において、壁長さの上限を指定できるようにします。

  • 壁長さの上限

弾塑性解析において、以下の機能を追加します。

  • [14.4.降伏後の剛性低下率関連]において、降伏後の剛性低下率を部材ごとに直接指定できるようになります。
  • 降伏後の剛性低下率
  • 部材がせん断破壊した後のモデル化について、計算条件[2.9.保有水平耐力計算条件-1.基本条件と荷重増分-8.せん断降伏後の部材のモデル化]を設けます。
  • せん断降伏後の部材のモデル化

北越メタル株式会社・株式会社コーテックスの「UHY685フープ」において、SABTEC指針に対応します。

メーカー製柱脚の基礎柱寸法自動計算において、仮定値(BP+200)からメーカー標準値を採用するようにします。

東京製鐵株式会社の「Tuned-H」と「TSC295」を、登録済み鋼材リストに追加します。

フルサト工業株式会社フリーベースにおいて、柱材の適用板厚を一律1mm~99mmに変更します。

メーカー製品ついて、以下の社名変更をします。

  • 日鐵住金建材株式会社→日鉄建材株式会社[UBCR365]
  • 新日鉄住金エンジニアリング株式会社→日鉄エンジニアリング株式会社[アンボンドブレース(B-UPブレース)]

マウス入力について、以下の改善を行います。

  • [7.1.柱(柱脚)-断面-芯鉄筋] で、円柱のとき、"柱脚X"の入力直後に"柱脚Y"が入力可になっています。
  • 立面図で、地下階があり、地上最下層がダミー層のとき、地下階の合計階高が描画されなくなっています。
  • ONでもOFFでもない状態(例えば、 )のチェックボックスをクリックしたとき、OFFになっているのをONになるように変更します。

3D図について、以下の機能を追加します。

  • 階高およびスパン長を作図するようにします。
  • 寸法線、軸などの色の設定を詳細設定で変更できるようにします。
  • [Ctrl]キーを押しながら、マウスホイールで文字サイズを変更できるようにします。

結果CSV出力に「値に付く文字の省略」指定を追加します。
“*”や“L”など数値に付加する文字を省略してCSV出力できるようにします。

  • 結果CSV出力

入力CSVファイルからの新規作成において、物件規模が大きいときの処理速度を改善します。

「チェックリスト」において、pdfファイルにテキスト入力できるようにします。

『Super Build/SS7 柱梁断面リスト』は、名称を『Super Build/SS7 Op.柱梁断面リスト』に変更し、以下の機能を追加します。

  • 階列に表示する文字列を手動で変更する場合に、より長い文字列を入力できるよう[段編集]の描画層名(描画階名)の入力可能最大文字数を半角30文字に変更します。
  • 項目欄で鉄骨材料を出力できるようにします。項目編集で、鉄骨材料に関する項目記号を指定することにより、各断面の鉄骨材料を出力します。
  • 断面リスト鉄骨材料

ご不明な点がございましたら、弊社営業支店または販売代理店 までお問い合わせください。

このページを印刷するこのページを印刷する


2019年7月23日改訂

ユニオンシステム株式会社

「ソフトウェアをご検討中の方」向けのお問い合わせ窓口をご案内いたします。

お問い合わせフォーム

ソフトウェアの購入や体験版に
関するご相談はこちらから

お問い合わせフォームへ

資料請求フォーム

ソフトウェアカタログの
資料請求はこちらから

資料請求フォームへ

電話

東京支店
03-3352-6121
名古屋支店
052-269-3311
大阪支店
06-6768-9338

受付時間 9:00~12:00/13:00~18:00
※土日・祝日、弊社規定休業日除く

ページの先頭へ