緊急用USBの「Windows® 10」動作状況

日頃は、弊社ソフトウェアをご利用いただき、誠にありがとうございます。

緊急USBでのマイクロソフト社の新OS「Windows® 10」への動作状況についてお知らせいたします。

Windows® 10バージョン2004、20H2では、緊急用USBが認識されず使用できない場合があります。
これは緊急用USBを使用するPCすべてで、緊急用USBを認識するためのドライバ(HASPドライバ)を
以下の手順で更新することで回避できます。
※緊急用USBとはネットワークが正常に動作しないなどの緊急時に使用する機器であり、
緊急時には本ページの案内に沿った更新作業が行えない可能性もありますので、
リスク回避のためにも事前に本ページの更新を行うことをお勧めいたします。

  1. “HASPUserSetup.exe”をダウンロードします。
  2. “HASPUserSetup.exe”をダブルクリックして起動します。
  3. 以下のウィンドウが表示されますので、[Next]ボタンをクリックします。
    HASPUserSetup.exeの起動
  4. 以下のウィンドウが表示されますので、「〇I accept the license agreement」にチェックをつけ、
    [Next]ボタンをクリックします。
  5. 以下のウィンドウが表示されますので、[Next]ボタンをクリックします。
  6. 以下のウィンドウが表示されますので、[Finish]ボタンをクリックします。
  7. 以上でHASPドライバが更新され、緊急用USBキーが認識されるようになります。

上記の対処方法で解決しない場合は、弊社サポートセンターへお問い合わせください。

このページを印刷するこのページを印刷する


2020年12月25日改訂

ユニオンシステム株式会社
開発部 部長 岡﨑 英二

「ソフトウェアをご検討中の方」向けのお問い合わせ窓口をご案内いたします。

お問い合わせフォーム

ソフトウェアの購入や体験版に
関するご相談はこちらから

お問い合わせフォームへ

資料請求フォーム

ソフトウェアカタログの
資料請求はこちらから

資料請求フォームへ

電話

東京支店
03-3352-6121
名古屋支店
052-269-3311
大阪支店
06-6768-9338

受付時間 9:00~12:00/13:00~17:30
※土日・祝日、弊社規定休業日除く

ページの先頭へ