現在位置
トップページ > ダウンロード > FA1 > FA1 Ver.3.40

ダウンロード

Super Build/FA1アップデートファイル

更新内容

旧Ver.3.39 → 新Ver.3.40(VerUp対象 Ver.3.37以上)

インターネットダウンロード : 2009/04/22

◆機能アップ
『SS3』Ver.1.1.1.2のデータを扱えるようにしました。
応力計算用特殊荷重の風荷重、地震荷重時の配置データについて、荷重ケースごとに直交フレームも含めて読み込みます。
(『SS3』Ver.1.1.1.2未満のデータについては、従来どおりの動作となります。)
◆変更点
荷重タイプ12、13で、床割頂点の距離と分布荷重の長さP2が一致する場合に、不正終了することがありました。
部材配置で、部材断面に0を指定(0の場合はその部材を無視)していて、かつ荷重ケースごとに部材の条件を変更する際、その断面0の部材に101(剛性増減率)で指定をしていると、計算中に“実行時エラー9インデックスが有効範囲にありません”と表示され不正終了していました。
部材配置で、部材断面に0を指定(0の場合はその部材を無視)していて、かつ荷重ケースごとに部材の条件を変更する際、その断面0の部材に103(結合状態の変更)で指定をし、かつ荷重増分解析を行った場合に、ERROR 207が発生して計算が終了していました。
結果出力の出力項目指定において、振動解析の結果 28.エネルギーと29.加速度・速度に
チェックを入れても、指定どおりに出力されない場合がありました。
『SS3』からデータをリンクした際に、応力計算用特殊荷重の荷重に対して誤った係数をかけていました。そのため、リンクした荷重が2%程度大きくなっていました。
『SS3』で部位ごとにFcを指定している物件をリンクした場合に、Fcを常に重力加速度10.0として重力単位に変換していました。
(Fcの差異は剛性増減率で調整されているため、計算結果には影響はありません。)
『SS3』から振動解析用の節点重量をリンクした場合に、常に重力加速度10.0としてリンクしていました。
『SS3』から材質をリンクする際、柱の符号ごとにFcを指定している場合は、材質は層毎のものを採用し、剛性増減率で調整する形でリンクしていたため、接合部パネルのせん断弾性係数Gが正しくリンクできていませんでした。接合部パネルについては、別途材質データを登録するようにしました。

---[END]---


注意事項

  • 本ソフトウェアをご使用になる前に、pdfファイルソフトウェア使用許諾契約書をよくお読みください。ご使用になった時点で、ソフトウェア使用許諾契約書に同意されたものとさせていただきます。
  • アップデートを実行する前に、他のアプリケーションソフトを終了してください。また、更新内容を必ずご一読ください。
  • インストール手順は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面上の指示にしたがってインストールを完了してください。
  • ダウンロードファイルは、公開日に『Symantec AntiVirus』でウイルスチェックを行い、安全を確認しております。
今すぐダウンロード

2009/04/22

FA1 Ver.3.40

fa1_340.exe[9.53MB]

  • 対象バージョンは、Ver.3.37以上です。ご使用の『FA1』のバージョンを
    よくお確かめの上、ダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ