現在位置
トップページ > ダウンロード > 3D・DynamicPRO

ダウンロード

SS21/3D・DynamicPROアップデートファイル

更新内容

旧Ver.1.1.2.1 → 新Ver.1.1.2.2
インターネットダウンロード : 2018/10/11

◆機能アップ
全般
『SS7』Ver.1.1.1.10のデータに対応しました。
JFEシビルの以下の製品について、『3D・DynamicPRO』で製品リストから配置できるようにしました。
  • 二重鋼管座屈補剛ブレース(制振)
  • 二重鋼管座屈補剛ブレース(耐震)
  • JFEの制振間柱
“JFEの制振間柱”について、取付ばねの自動計算に対応しました。
『SS7』『SS3』でJFEシビルの二重鋼管座屈補剛ブレースを配置していた場合、
『3D・DynamicPRO』ではメーカー指定の以下の履歴モデル・履歴パラメータを用いるようにしました。
  • 制振タイプ:山田・辻モデル(β=0.6、降伏後の剛性=0.013)
  • 耐震タイプ:標準型(降伏後の剛性=0.02)
履歴系ダンパー(メーカー)で入力した製品の解析諸元の出力を追加しました。
作図部
立体図のときに、空(背景)の画像に実写を追加しました。また空も印刷できるようにしました。
※設定の変更はできません。
平面図、立面図の印刷プレビューで、複数ページの印刷ができるようにしました。
◆変更点
計算部
移動等方硬化モデルで、ダンパーに取付けバネがあるとき、第2,第4象限の降伏判定曲線に誤りがありました。
移動等方硬化モデルで、累積塑性変形倍率が正しくない場合がありました。
柱頭(または右端)の危険断面位置が節点位置のとき、演算誤差によって、危険断面位置が部材から外れた位置と判断する場合がありました。そのとき、危険断面位置のせん断力が0.0となっていました。
入力部
ダンパーと部材入替する指定があって、ダンパーの配置先に該当する部材がないときにメッセージを出力するようにしました。
3.1.初期条件-初期応力のケースにおいて、“L”→“G+P”に変更しました。
フローティングしたツリーメニューでAlt+F4を押すとツリーメニューが消えていました。
タスクバーが上側にあるときに、作図などのウィンドウのタイトルバーが、タスクバーに隠れてしまうことがありました。
作図部
応答履歴ループの作図において、山田・辻モデル、移動等方硬化モデルの骨格曲線を、履歴パラメータで設定した剛性低下率“K2/K1”または“β”による降伏後の剛性で描画できていませんでした。
出力部
出力ファイル名に半角カンマが含まれる場合、出力ファイルの削除および名称変更が正しくできませんでした。
アニメーション
AVIファイルの作成において、解析時刻を越えた時刻で、静止画として表示されるはずの経験した降伏状態などが表示されていませんでした。
解説書
以下の解説書において追記および修正を行いました。詳しくは各解説書の更新履歴を参照してください。また、『登録済み製品リスト』 を追加しました。
  • 『導入・基本操作編』
  • 『入力編』
  • 『出力編』
  • 『計算編』
  • 『振動アニメーション編』
  • 『登録済み製品リスト』

---[END]---

Ver.1.1.1.1 → Ver.1.1.2.1 更新内容



注意事項

  • 本ソフトウェアをご使用になる前に、pdfファイルソフトウェア使用許諾契約書をよくお読みください。ご使用になった時点で、ソフトウェア使用許諾契約書に同意されたものとさせていただきます。
  • アップデートを実行する前に、他のアプリケーションソフトを終了してください。また、更新内容を必ずご一読ください。
  • インストール手順は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面上の指示にしたがってインストールを完了してください。
  • ダウンロードファイルは、公開日に『Symantec AntiVirus』でウイルスチェックを行い、安全を確認しております。
今すぐダウンロード

2018/10/11

3D・DynamicPRO Ver.1.1.2.2

s7d_1122.exe[57.7 MB]

ご注意

『3D・DynamicPRO』をセットアップしている場合は、Ver.1.1.2.2へのアップデートになります。
『3D・DynamicPRO』をセットアップしていない場合は、Ver.1.1.2.2のセットアップになります。
「セットアップディスク Release 5.05」以上でのセットアップが必要です。
Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.