現在位置
トップページ > ダウンロード > 3D・DynamicPRO

ダウンロード

SS21/3D・DynamicPROアップデートファイル

更新内容

旧Ver.1.1.2.2 → 新Ver.1.1.3.1
インターネットダウンロード : 2019/03/27

◆機能アップ
全般
『SS7』Ver.1.1.1.11のデータに対応しました。
基礎免震機能に対応しました。
  • 免震支承材は、支点位置に対して配置します。
    免震支承材は以下の種類に対応しています。水平方向はMSSモデル、鉛直方向は非線形ばねを扱います。
    ・鉛プラグ挿入型積層ゴム
    ・高減衰ゴム系積層ゴム
    ・天然ゴム系積層ゴム
    ・すべり支承
    ・転がり支承
  • 免震用ダンパーは、任意の床位置に対して配置します。
    免震用ダンパーは粘性系、履歴系、複合ダンパーを扱います。履歴系ダンパーはMSSモデルとすることもできます。
  • 免震部材による付加曲げ(Q・h、P・δ)を考慮することができます。
  • 免震層に指定変位を与えたときの等価剛性を用いた固有値解析、偏心率の計算ができます。
鉄骨梁端部、鋼材ダンパーの疲労損傷度の計算に対応しました。
地震波の位相差を考慮した計算に対応しました。
結果CSV出力に対応しました。
計算部
計算終了時に音で知らせる機能を追加しました。
入力部
地震波変換で地震波の間隔を1/100000まで指定できるようにしました。
作図部
平面図・立面図・3D図において、部材符号の表示を切り替えられるようにしました。
平面図・立面図において、表示設定を追加しました。
3D図において、軸名・符号の文字のサイズを拡大・縮小できるようにしました。
刺激関数図において、刺激係数と固有ベクトルの組み合わせを指定できるようにしました。
作図のマウスホイールによる拡大・縮小で、カーソル位置がずれないようにしました。
出力部
計算結果「2.解析モデル」に重量を追加しました。
計算結果「3.固有値解析結果-3.1.固有周期・刺激係数」において、有効質量比を追加しました。また、刺激係数のz方向を出すようにしました。
アニメーション
比較用ケースを表示した状態でケース変更を行ったとき、比較元のケースと比較用ケースを同時に変更できるようにしました。
◆変更点
計算部
質量が負値となったときは、メッセージを出して計算を中断するようにしました。
多剛床があり一貫計算で地震力を全体でまとめるとしていたとき、層の最大応答値が、全体でまとめたときの最大値ではなくそれぞれの剛床での最大値となることがありました。
P-Δ効果において、大梁の水平面内に幾何剛性を考慮していましたが、考慮しないようにしました。
『SS3』データを利用して新規作成していたとき、隅切りの指定があると、重量慣性モーメントをその部分で二重評価していました。
※既存の物件で計算結果を改善するためには、一貫計算データの再読み込みを行ってください。
梁の危険断面位置が節点位置の場合、初期応力による危険断面位置せん断力の採用において、左端は端部と1/4位置の大きい方、右端は端部と3/4位置の大きい方を採用するようにしました。
出力部
出力項目「1.1.2.部材特性(メーカー)」において、入力ツリーメニューが入力不可のときでも指定可となっていました。
外乱設定の番号を飛ばして登録すると、結果出力が途中終了し、出力できませんでした。
剛床の回転を拘束したとき、計算結果「3.固有値解析結果-3.1.固有周期・刺激係数」において、刺激係数βθzの出力が省略されるべきところ、省略されていませんでした。
最大応答図(層レベル)で、複数ケースを同時に印刷したとき、表示方向の結果が無いケースの作図が空白で出力されていました。
アニメーション
ハンチを有する部材が塑性化を片側だけ生じたとき、ハンチの傾斜が無くなった状態で描画されていました。
解説書
以下の解説書において追記および修正を行いました。詳しくは各解説書の更新履歴を参照してください。
  • 『導入・基本操作編』
  • 『入力編』
  • 『出力編』
  • 『計算編』
  • 『振動アニメーション編』
  • 『CSV出力編』

---[END]---

Ver.1.1.1.1 → Ver.1.1.2.2 更新内容



注意事項

  • 本ソフトウェアをご使用になる前に、pdfファイルソフトウェア使用許諾契約書をよくお読みください。ご使用になった時点で、ソフトウェア使用許諾契約書に同意されたものとさせていただきます。
  • アップデートを実行する前に、他のアプリケーションソフトを終了してください。また、更新内容を必ずご一読ください。
  • インストール手順は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面上の指示にしたがってインストールを完了してください。
  • ダウンロードファイルは、公開日に『Symantec AntiVirus』でウイルスチェックを行い、安全を確認しております。
今すぐダウンロード

2019/03/27

3D・DynamicPRO Ver.1.1.3.1

s7d_1131.exe[61.8 MB]

ご注意

『3D・DynamicPRO』をセットアップしている場合は、Ver.1.1.3.1へのアップデートになります。
『3D・DynamicPRO』をセットアップしていない場合は、Ver.1.1.3.1のセットアップになります。
『ライセンスマネージャ』Ver.3.12以上が必要です。
Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.