セキュリティソフトの除外設定について(エラーが発生した場合の対処)

弊社ソフトウェアのインストール先フォルダやデータフォルダをウイルス検知の対象外に設定(除外設定)することで、
セキュリティソフトに誤認識されないようにすることができます。セキュリティソフトで除外設定を行わないと、過去の
事例では以下のような症状が報告されています。

  • 弊社ソフトウェアの起動時に「エラーコードW-8985」が表示され起動できない。
  • 弊社ソフトウェアが正しくアップデートできない。
  • 弊社ソフトウェアが正しくインストールできない。
  • 弊社ソフトウェアの解析実行時にエラーが出る。
  • 弊社ソフトウェアの出力時にエラーが出る。
  • 弊社ソフトウェアの起動に数分かかる。

今まで除外設定なしで正常動作していた弊社ソフトウェアが、セキュリティソフト側のバージョンアップによって急に動作しなくなるケースも多数報告されています。このような症状を未然に防ぎ弊社ソフトウェアを安定稼働させるためにも、ご利用のセキュリティソフトに応じた除外設定をお願いします。

『SS7』の場合、以下のフォルダを検査対象外に設定してください。

  • インストール先のフォルダ(C:\UsrWeb)および(C:\Program Files\UsrWeb64
  • データ保存先のフォルダ (C:\Usrdata

『SS3』の場合、以下のフォルダを検査対象外に設定してください。

  • インストール先のフォルダ(C:\UsrWeb
  • データ保存先のフォルダ (C:\Usrdata

()内はインストール時の初期値です。使用環境に応じて設定してください。

除外設定の方法については各セキュリティソフトのマニュアルやメーカーのサポートで確認してください。
また、代表的なソフトの[Q&A]のURLを掲載しておきますので、参考にしてください。

Windows セキュリティ/マイクロソフト
[Q&A]Windows セキュリティに除外を追加する
ウイルスバスター/トレンドマイクロ
[Q&A]特定のファイルやフォルダを検索対象から除外するには
ウイルスバスター コーポレートエディション/トレンドマイクロ
[Q&A]特定のフォルダとファイルを検索させたくない(検索除外の設定方法)

通常の[除外設定]と併せて、[挙動監視]機能の[除外設定]で“C:\UsrWeb\Ss3win\*”を 指定してください。最後に*を付けることで『SS3』の全実行ファイルを除外対象とします。

[Q&A]挙動監視機能について (挙動監視、イベント監視、ソフトウェア安全性評価サービス)

インターネットセキュリティ/マカフィー
[Q&A]特定のファイルをスキャン対象から除外する方法
ノートンアンチウイルス/シマンテック
[Q&A]セキュリティの脅威をスキャンから除外
カスペルスキーアンチウイルス/カスペルスキー
[Q&A]カスペルスキー アンチウイルスの設定を確認するには?
ZERO ウイルスセキュリティ/ソースネクスト
[Q&A]特定のファイルやフォルダを検査の対象からはずすには?
ZERO スーパーセキュリティ/ソースネクスト
[Q&A]特定のファイルやフォルダをウイルス検査対象からはずしたい
ESETシリーズ/キャノンITソリューションズ
[Q&A]特定のファイル/フォルダを検査対象から除外する
AVGアンチウイルス/AVG
[Q&A]AVG アンチウイルスのスキャンからの、特定のファイルまたはウェブサイトの除外
[Q&A]AVG アンチウイルスが脅威と見なしたアプリケーションやウェブサイトのブロックを解除する

このページを印刷するこのページを印刷する


2020年12月2日改訂
ユニオンシステム株式会社
サービス部 水谷 幸樹

ページの先頭へ