SS21/ShakePRO アップデートファイル

更新内容

旧Ver.0.50 → 新Ver.0.60
インターネットダウンロード : 2021/04/05

◆機能アップ
全体機能
土の歪み依存性に任意の歪み依存データを扱えるようにしました。
入力関連
入力画面「有効応力解析(有効応力経路モデル)データ」の“液状化強度曲線の勾配(両対数軸)”および“変相線/破壊線の勾配比”のデフォルト値を設定できるようにしました。これらデフォルト値の設定はダイアログ「オプション」のタブ「パラメータ関連」の「有効応力経路モデルの初期値 - 液状化強度曲線の勾配(両対数軸)」および「有効応力経路モデルの初期値 - 変相線/破壊線の勾配比」より行えます。
ダイアログ「オプション」のタブ「フォルダ・動作関連」における、[データ・フォルダの保存場所]、[共通の地震波データの場所]、[共通の歪み依存データの場所]について、存在しない場所を指定している場合でも[OK]ボタンで閉じられるようにしました。
ウィザード「地震波の情報」における画面 3/6 および 4/6 の入力項目[読み込み倍率]について、以下のボタンを押した場合に、どのボタンを押したか分かるように“●”を表示するようにしました。また、ボタンを押さずに[読み込み倍率]を直接入力した場合、入力できる桁数を小数点4桁としました。
[2000(gal)/8388608]、 [3920(gal)/6182761]、 [2000(gal)/6182761]
◆変更点
全体機能
ShakePROデータ「~.shprd」ファイルを直接ダブルクリックしてデータを開いた場合、入力画面「地盤データ」の質量密度やS波速度を変更して[更新]ボタンまたは[OK]ボタンを押すとプログラムが不正終了するときがありました。
計算関連
ダイアログ「逐次非線形解析条件データ」において、[表層地盤の内部粘性減衰タイプ(減衰マトリックス作成方法)]で“剛性比例型”または“質量比例型”を指定し、かつ[内部粘性減衰]-[指定方法]を“周期で指定”とした場合、地震応答解析が正常に終了しませんでした。
入力関連
データを開いていない状態でダイアログ「オプション」における[破壊線の勾配Mf計算用平均Dr]を変更して[OK]ボタンを押すと、プログラムが不正終了していました。
ショートカットキー「Ctrl + S」が上書き保存でなく、名前を付けて保存の動作になっていました。
自動計算値を設定できる入力セルが自動計算値を指定しているにも拘わらず、背景色が黄色になる場合がありました。また、入力画面「全応力解析データ」のR-Oモデルのαとβにおいて、背景色が白色にもかかわらず、自動計算値が設定されない場合がありました。
入力画面「有効応力解析(おわんモデル)データ」を開いている状態で、入力画面「地盤データ」で地層区分を“表層”としている層数を変更した場合、入力画面「有効応力解析(おわんモデル)データ」の層数が変更されていませんでした。
入力画面「全応力解析データ」の[最大減衰定数 hmax]に上限値“0.6366”を設定しました。また、[R-Oモデルのβ]の下限値を“1”に変更しました。
入力画面「有効応力解析(有効応力経路モデル)データ」の[液状化強度曲線の勾配(両対数軸)]に下限値“-10”を設定しました。
入射波データ名の最大文字数を半角100文字に設定しました。
ダイアログ「有効応力解析条件データ」のタブ[せん断耐力]における「砂質土の内部摩擦角φdの設定」の各入力値について、入力できる桁数を小数点1桁としました。また、入力の上限値と下限値を設定し、範囲外の値を入力した状態で[OK]ボタンまたは[更新]ボタンを押した場合、メッセージを出力し、変更を確定できないようにしました。
ダイアログ「有効応力解析条件データ」のタブ[有効応力経路モデル]における項目「緩い砂の平均Drの最大値」について、入力する桁数を小数点1桁としました。
入力画面「液状化判定データ」の層厚を変更した場合、“平均Dr(%)”の値が100%を超えるときがありました。
メニュー[ツール]-[オプション]のタブ[パラメータ関連]において、項目名「破壊線の勾配Mf計算用平均Dr(%)」を「砂層の平均Dr(%)」に変更しました。
[τmax/Goをγ0.5にセットする]に関するメッセージの文言を修正しました。また、入力画面「有効応力解析(有効応力経路モデル)データ」および入力画面「有効応力解析(おわんモデル)データ」にあるボタン[τmax/Goをγ0.5にセットする]について、データを変更したことでボタン[更新]が有効な場合、ボタン[τmax/Goをγ0.5にセットする]は無効となるようにしました。
ダイアログ「オプション」のタブ[フォルダ・動作関連]において、文言の修正を行いました。
入力画面「逐次非線形解析条件データ」における「内部粘性減衰定数-次数と減衰定数」および「内部粘性減衰定数-周期と減衰定数」において、テキストボックスのラベルを変更しました。
メニュー[ツール]-[オプション]のタブ[フォルダ・動作関連]において、[Alt]+[F]で項目[データ・フォルダの保存場所]にフォーカスが移動するように修正しました。

---[END]---

Ver.0.30 → Ver.0.50 更新内容



注意事項

  • 本ソフトウェアをご使用になる前に、pdfファイル重要事項の説明書pdfファイルソフトウェア使用許諾契約書をよくお読みください。ご使用になった時点で、重要事項の説明書とソフトウェア使用許諾契約書に同意されたものとさせていただきます。
  • アップデートを実行する前に、他のアプリケーションソフトを終了してください。
  • インストール手順は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面上の指示にしたがってインストールを完了してください。
  • ダウンロードには、IDとパスワードが必要です。
  • ダウンロードファイルは、公開日に『ESET Endpoint Security』でウイルスチェックを行い、安全を確認しております。
今すぐダウンロード

2021/04/05

ShakePRO Ver.0.60

shp_060.exe[8.34MB]

ご注意

『ライセンスマネージャ』Ver.3.15以上が必要です。
Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ