現在位置
トップページ > セミナー情報 > 『SS7』特殊形状講習会

セミナー情報

UNION ASP Seminar(動画セミナー)

『Super Build/SS7』特殊形状講習会

『Super Build/SS7』特殊形状講習会

受講対象 『SS7』特殊形状の入力において、基本的な計算内容を理解したいお客様
受講者の声
円グラフ
  • 特殊形状については、設計者の理解もそうですが、お客様、審査機関、適判等に説明する場合に役に立ちそうです。
  • パターン別の解析結果や注意点がわかりやすく記載されていたのでよかったです。

受講者の声をもっとみる

内容
  • 1時間25分38秒
  • 1.はじめに
  • 2.この講習会の目的と内容
  • 3.ダミー層・階の計算内容
  • ・ダミー層・階とは
  • ・ダミー層の指定方法
  • ・階に複数ダミー層が存在するときの制限
  • ・計算方法
  • ・例題建物(ダミー層)
  • ・荷重計算
  • ・応力解析
  • ・計算ルート
  • ・保有水平耐力計算
  • 4.多層にわたる部材の計算内容
  • ・多層にわたる部材の入力
  • ・計算方法
  • ・各階の層間変位と剛性
  • ・各階の剛性採用位置
  • ・例題建物(多層にわたる引張ブレース)
  • ・各階の層間変位と剛性
  • ・各階の剛性採用位置
  • ・補足
  • ・例題建物(多層にわたる耐震壁)
  • ・各階の層間変位と剛性
  • 5.耐震壁付帯柱の中間に梁が取り付く場合の扱い
  • ・メッセージの対象となる建物形状
  • ・メッセージを出力する理由
  • ・計算上の扱い、注意点
  • 6.一本部材の扱い
  • ・一本部材の指定方法
  • ・符号の認識
  • ・関連メッセージ
  • ・計算内容
  • ・[3.5.節点同一化]と[7.15.一本部材の指定]の違い
  • ・計算例
  • 7.節点同一化の指定方向による解析結果の相違点
  • ・節点同一化の指定方法
  • ・柱と梁の計算内容の相違点
  • ・例題建物
  • ・荷重計算
  • ・応力解析
  • ・断面算定
  • ・偏心率
  • ・保有水平耐力
  • ・参考
  • 8.さいごに
視聴期間 開始日より14日間
視聴までの流れ

視聴までの流れ

資料

pdfファイル講習会テキストの抜粋
※お申し込み後、講習会テキストを印刷してご利用いただけます。

pdfファイル『UNION ASP Seminar』の利用方法

受講料

\10,000-(税別)/1名

  • 『Super Build 総合メンテナンス』をご契約でかつ、『SS7』をご導入(新規・書き換え・追加)いただいたお客様は、ご導入後3か月以内であれば、無料(1ライセンスにつき1名様)でご視聴いただけます。ただし、本講習会の無料対象は1社につき3ライセンス(3名様)までとさせていただきます。
  • 講習会に関するご質問は、視聴期間中にアンケートフォームで受け付けます。
    このとき、インシデントは消費されません。
ダウンロード

セミナーファイルをダウンロードする

視聴には、『UNION Player』Ver.1.03以上*2が必要です。

  • ASPお申し込みには、『Web License System』 が必要です。
  • セットアップが完了していないお客様は、こちらからセットアップした後に、セミナーファイル(.usv)をダウンロードしてください。

*1 セミナーファイル(.usv)は、弊社独自のデータ形式となっており、セミナーを格納したファイルです。

*2 セミナーを視聴するためのソフトウェア(無料)です。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.