現在位置
トップページ > Q&A

Q&A

更新日:2017年06月01日/Q&A掲載数:2980題

(!)このページは、ソフトウェア購入者限定コンテンツです。閲覧には、会員登録が必要です。

サイトをご利用いただくには

新着Q&A

2017/05/30
[SS7]
C1464(C1465) 杭基礎で、上端筋の検討が必要です。
C0638 RC柱でPwが計算式の上限を超えています。
C0620 RC梁でPwが計算式の上限を超えています。
N0691 S柱で、断面性能直接入力の鋼材を使用しているため断面検定できません
N0501 柱で、断面算定を行う箇所がありません。
C0757 柱脚で、柱脚部にブレースが取り付いています。クリアベースは使用できません。
C0756 柱脚で、ブレースが取り付く角形用および円形用は評定品として適用できません。
X0129 独立基礎が、接地面に配置されていません。
C0965 柱梁耐力比(1.5以上)を満足していません。
C1023 部材ひび割れ耐力が直接入力されています。
C1186 耐震壁で、せん断耐力比が指定されたクライテリアを超えています。
N1438 直接基礎で、曲げを処理できないため断面算定用の接地圧が求まりません。
C0214 剛性に評価されない壁(厚さ###mm未満)が配置されています。
N0671 S梁で、断面性能直接入力の鋼材を使用しているため断面検定できません。
注意 613 RC梁でPgが、Pgmin未満になっています。
W0036 コンクリートの設計基準強度が適用範囲を超えています。
鋼管の断面算定出力で、直交方向の応力度の検討が出力されない
柱頭・柱脚ピン接合時の柱座屈長さ
柱の主筋を断面積入力した場合のagの計算方法
パラペットの重量について
水平ブレースの重量について
X0203 剛域またはパネル面の合計が部材長を超えています。
場所打ちコンクリート杭の短期許容せん断力(Qa)について
N0752 柱脚コンクリートFcが適用範囲外です。製品の仕様を確認してください。
W0017 混合造となっています。
図心位置の基点について
【検証例】露出柱脚の回転バネ定数KBSの算出方法について
フレーム外雑壁の自重を計算する際の高さについて
ルート1-2におけるS造柱脚の地震時応力の割増しについて
12cm以上の壁厚で無開口なのに耐震壁と判定されない
2017/04/27
[SS7]
C1185 大梁で、せん断耐力比が指定されたクライテリアを超えています。
C1184 柱で、せん断耐力比が指定されたクライテリアを超えています。
N1437 直接基礎で、曲げを処理できないため支持力検討用の接地圧が求まりません。
「X0310 応力用特殊荷重のパラメータが不正です。
C0321 直接入力した一次固有周期Tから求めたRtが内部計算値の3/4を下回りました。
C0737 S梁で継手位置がハンチ内にあります。
W0096 多剛床の指定があります。
C1165 耐震壁で、τu/Fcが0.25を超えています。
X1312 杭長の入力に誤りがあります。
X1001 鉄筋が配筋されていません。
W0722 S接合部で接合部パネルモーメントが降伏耐力を超えています。
床の配筋を入力したい
X0504 大梁で内法長さが0以下となっています
X0503 柱で内法高さが0以下となっています
腰折れセットバックの腰折れ高さについて
階名や符号を含んだ表を貼り付けたい
[崩壊形保証の為のクライテリア]の参考文献について
屋根勾配による積雪荷重の低減について
[9.9.2.梁パネル面の位置]、[9.9.3.柱パネル面の位置]について
幅厚比が手計算と一致しない
液状化によるkhの低減について
スリットを設けた壁の壁量の計算について
折れ曲がるフレームの曲げモーメントの釣り合い
[基礎梁荷重の扱い]について
【検証例】大梁の最大たわみδの算出方法について
多スパンにわたる小梁の左右に異なる床を配置したい
粘性土と砂質土の判別方法
地震用重量の計算における柱や壁の自重の取り扱いについて
梁CMoQo算定の際、壁の取り扱いについて
アンカーボルトの長さについて
2017/03/28
[SS7]
C0430 剛域長が分割した材長を超えています。剛性を1000倍します。
C0109 構造心が部材断面内にありません。
X0302 地盤に流れる水平力の処理で、「層せん断力比」が選択されていますが、層せん断力比が未入力です。
C1022 部材終局耐力が直接入力されています。
C1904 層間変形角が制限値を超えています。
C1021 危険断面位置が直接入力されています。
C1015 柱で、危険断面位置が指定されていますが、指定を無視してブレース取り付き位置を危険断面位置とします。
X0130 布基礎が、基礎梁に配置されていません。
C0425 せん断ひび割れが発生しましたが、βyが1.0のため剛性低下していません。
C1014 柱で、危険断面位置が指定されていますが、指定を無視して柱脚取り付き位置を危険断面位置とします。
C1013 ブレースで、引張りのみ有効なブレースに圧縮耐力が設定されています。
C1012 大梁で、危険断面位置が剛域内に入っています。
C1011 柱で、危険断面位置が剛域内に入っています。
W1256 柱脚で作用応力がQu算定式の適用範囲外になっています。(MN曲線の外側に作用応力の点が有る)
C0666 軸振れが生じている接合部において、自動判定した形状を採用しています。
“この物件データ[~]は、読み取り専用属性または書き込み禁止が設定されているため、開くことができません。”について
[13.基礎計算]で入力した基礎の自重は、保有水平耐力計算時に考慮されるか?
既製杭の登録について
長期荷重時に正負最大曲げモーメントを受ける部分の引張鉄筋断面積について
土圧が作用する面積について
傾斜地、部分地下における地震力の扱いを指定したい
スリットを設けた壁に取り付く梁に剛域が考慮される
S梁Muが手計算と異なる
基礎の圧壊で解析が止まらない
協力幅の計算における小梁の考慮について
Qu/Qunが各階で異なる
軸振れのフレームに平行な片持ち梁を入力したい
小梁を均等配置からスパン配置に変更したい
床によるIの計算方法が指定できない
壁ごとに異形鉄筋と丸鋼を使い分けたい
2017/02/28
[SS7]
X0344 片持大梁特殊荷重配置(ゾーン指定)のNo.#で未登録の特殊荷重が指定されています。
X0071 柱で、部材長が0またはマイナスになっています。
X0343 大梁特殊荷重配置(ゾーン指定)のNo.#で未登録の特殊荷重が指定されています。
C0333 床総荷重 “なし“ が指定されています。
C0334 積載荷重 “なし“ が指定されています。
C1007 耐震壁で、せん断ひび割れ耐力の範囲が形状と一致しないため入力データを無視します。
C1006 耐震壁で、せん断終局耐力の範囲が形状と一致しないため入力データを無視します。
X1005 耐震壁で、曲げひび割れ耐力直接入力の順番が不正です。
X1004 耐震壁で、曲げ耐力直接入力の順番が不正です。
X1003 柱で、曲げひび割れ耐力直接入力の順番が不正です。
X1002 柱で、曲げ耐力直接入力の順番が不正です。
腰折れセットバックした柱に隣接する柱において、腰壁が配置されているのに剛域が生じない
梁Muの計算におけるスラブ筋の考慮について
高強度せん断補強筋の材料強度
風荷重の計算におけるパラペットの認識について
(Qu-Qo)/QMの値について
基礎梁を配置していない架構で柱脚バネ定数が考慮されない
符号名称の初期設定について
柱特殊荷重を指定したい
耐震壁の断面算定でPsを縦筋で算定している
【検証例】S梁の断面算定のZの算出方法について
S柱断面算定 H形鋼の断面係数Zの計算方法について
外力の作用角度θを指定したい
杭ごとに杭頭固定度を入力する方法
壁や床の仕上重量の入力について
水平ブレースの断面積について
RC造建物に鉄骨ブレースを配置したい
柱・梁の部材剛性に考慮する袖壁・腰壁・垂壁の認識について
付着の検討で降伏強度σyの値が合わない
W0628 円柱で全主筋本数が8本未満になっています。
2017/01/31
[SS7]
C0136 大梁と基礎梁に同じ符号が使用されています。
X0202 断面が不正です。
X0132 梁と基礎梁を一本部材として指定しています。
W0779 柱脚で、Qu算定式の適用範囲を超えています。
C1314 中(下)杭は支持層を超えているので使用されません。
X1010 耐震壁で、危険断面位置が壁高さを超えています。
X1009 大梁で、内法長さが 0以下となっています。
X1008 柱で、内法高さが 0以下となっています。
C0140 部材が異なる剛床間に配置されています。
C1311 Khが収束しませんでした。
C1117 基礎梁にヒンジが生じています。
C0211 中間部に梁部材が取り付くため、水平力の伝達、梁の境界効果が正しく考慮できません。
C0107 床周りの節点が同一平面上にありません。床面の傾斜は平均したものを仮定します。
W0035 鉄骨鋼材と鉄骨材料の指定に不整合があります。
入力したへりあきが反映されない
冷間成形角形鋼管でBCRとBCPの両方を使いたい
[4.1.標準使用材料]の冷間角形鋼菅の指定について
片土圧入力時の接地圧の計算について
PH階を解析終了条件から除外したい
Aw、Aw’に算入する壁の条件について
層間変形角算定時の階高について
土圧と水圧を同時に作用させたい
風圧力の計算で壁がない箇所の見付面積について
建物の外側に配置したフレーム外雑壁の荷重伝達について
梁端部の断面算定に中央部の配筋が採用されている
設計応力の割り増しを複数設定した場合の計算について
βL<3となる場合の短杭の検討について
主体構造と異なる種別の小梁を配置したい
RC接合部の検討における部材の寄りについて
RC部材のせん断破壊防止の検討について(告示第594号第4第3号ハ)

新着Q&A一覧へ

よくあるご質問

キーワードから探す

カテゴリ
キーワード

文書番号から探す

5桁数字で検索できます

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.