『Super Build/SS7』の導入事例

株式会社 札幌構造設計事務所

ソフトウェア

計算速度がスピードアップ。目視確認で作業が楽になりました。

株式会社 札幌構造設計事務所

山城 達男 様

所在地:北海道札幌市  業種:構造設計事務所

貴社で扱う主な物件を教えてください。

当事務所では学校や官庁関連の他、比較的規模の小さい鉄骨造が多いです。整形ものが多いので、『SS3』で事足りる事が多いです。しかし『SS7』では、RCの基規準など新しい内容に対応していますので、今後は積極的に使っていった方が良いなとも思っています。

弊社ソフトウェアをご利用になったのはいつからですか?

『SS1』の頃から使っています。『SS3』までは、頭の中で軸と通りの関係性に慣れていたので、最初に『SS7』を使い始めたときはマウス入力に慣れるのに少し時間がかかりました。でも若いスタッフは、みんな『SS7』の方が操作面でも使いやすいようです。(山城様)

マウス入力の方が断然、楽だと思います。3Dで建物形状を見たとき、部材の大きさなどがきちんと反映されているし、イメージしやすくなりました。“部材の寄り”なども、個別に指定して入れることができるので、納まり具合だとか、見た目でチェックしやすくなりましたね。(山田様)

『SS7』の導入効果はいかがですか?

『SS3』と比べると『SS7』は、入力時に目視で確認ができるので、作業がとても楽になりました。一本部材の指定などは矢印が出てくるので“抜け”がなくなりますし、柱や梁の断面リストなども視認性がとても良いです。またオプション機能として、『SS7 Op.柱梁断面リスト』という便利なソフトウェアができましたね。これのおかげで配筋の整合性などを間違いなくCADデータに反映できるので、作業効率がかなり改善されます。
チェック用としても、とても重宝しています。もともと使い慣れていた『SS3』で入力したデータを『SS7』へデータ変換して、漏れがないかを再確認しています。部材が入っているかどうか、目視しながら確認することができるので、『SS3』に比べると、大分使いやすくなりました。(山城様)

具体的に『SS7』の良かった機能を教えてください。

やはり計算速度が速いことでしょうか。計算書出力など内部処理に関してもかなり速く感じます。それから、計算書の見やすさでは、字が重ならないところがありがたいです。ある程度、自動で重ならないように調整してくれているので、そこは助かっています。計算書の出力枚数を少なくするために、2ページ印刷をすると、審査機関からは「数字が読み取れません」と言われることもありました。
大きい物件は特に『SS7』が向いていると思います。『SS3』では図面を描くのが大変でした。北広島で手掛けた農業用の倉庫ですが、回転移動したり、節点をくっつけたりといろいろ、大変でしたから。(山城様)

本日は、ありがとうございました。

取材協力:山城 達男 様、山田 貴豊 様
取材日:2019年8月

会社概要

【 会社名 】
株式会社 札幌構造設計事務所
【 所在地 】
北海道札幌市
【 事業内容 】
建築構造設計、耐震診断、耐力度測定

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ