現在位置
トップページ > ダウンロード > RC診断2001 Ver2.7(2018)

ダウンロード

Super Build/RC診断2001 Ver2.7(2018)

更新内容

『RC診断2001 Ver2.6(2014)』管理番号008 → 『RC診断2001 Ver2.7(2018)』管理番号001(VerUp対象 RC診断2001 Ver2 以上)
インターネットダウンロード : 2018/11/13



◆評価更新による変更点
変更内容は、以下のとおりです。
プログラム名称:『Super Build/RC診断2001 Ver2.7(2018)』
評価番号:P評価10-改3-RC
有効期限:平成35年7月8日まで
[計算と出力]-[結果出力の指定]の“[12]評価書”で、今回更新した評価書が出力されるようにしました。
評価適用範囲外のデータを計算した場合、出力のヘッダーに“評価外”と出力するようにしました。
◆変更点
計算
柱の内法高さの計算において、以下の2つの条件を満たす梁が取り付く柱のhoを正しく計算していませんでした。
  • ・節点の上下移動により梁が傾斜している。
  • ・『SS3』の[2.1 剛性計算条件-9.RC・SRC梁柱の剛性計算-考慮する腰壁・垂壁・袖壁の厚さ]で指定した壁厚を下回る垂壁または腰壁が取り付く。
吹き抜け柱の内法高さの計算において、以下の2つの条件を満たす場合、内法高さの計算を行っていませんでした。
  • ・『Op.SRC』ライセンスを取得していない。
  • ・吹き抜け柱の上側の階の主体構造がRC造または混合RC造、下側の階の主体構造がSRC造または混合SRC造。
吹き抜け柱の内法高さの計算において、以下の2つの条件を満たす場合、本来、吹き抜け柱としての内法高さを計算すべきところ、下側の柱だけで内法高さの計算を行っていました。
  • ・『Op.SRC』ライセンスを取得していない。
  • ・吹き抜け柱の上側の階の主体構造がSRC造または混合SRC造、下側の階の主体構造がRC造または混合RC造。
「ERROR No.29 吹き抜け柱の長さが32.767mを超えています。」の判定において、吹き抜け柱の途中階で柱が抜けている場合、分断された上下のそれぞれの柱で判定すべきところ、上側と下側の柱の合計が32.767mを超えているかを判定していました。
吹き抜けの袖壁付柱のhcwoの計算において、吹き抜け柱の最下階が1階でない場合、常に袖壁脚部に腰壁が取り付いていないものとしてhcwoを計算していました。
「ERROR No.87 袖壁付柱のhcwoの算定で、診断基準式の(hwo-hco)が負値のため計算できません。」のエラーが発生する袖壁付柱に、[設計-袖壁付柱の反曲点高さの直接入力」でhcwoを直接入力しても、エラーを回避することができませんでした。
「柱率、壁率とC指標」のAc1の出力において、以下の2つの条件を満たすとき、変更にかかわらず壁として認識していたため、柱の断面積として集計されていませんでした。さらに、ho/Dが計算されていませんでした。
  • ・1次診断である。
  • ・[鉛直部材の直接入力]の破壊形式の入力で、1次診断の分類を、壁から柱へ変更する指定を行っている。
耐震壁の曲げ終局強度において、以下の条件をすべて満たす場合、直交壁の有効長さの採用に誤りがあり、曲げ終局強度が正しく計算されていませんでした。本来、直交壁の有効長さは、直交方向のスパン長の1/2(1mを超えるときは1m)とすべきところ、直交方向のスパン長(1mを超えるときは1m)としていました。
  • ・[耐震診断方法-解析条件1]曲げ耐力算定用直交壁の考慮で <1>する を指定している。
  • ・直交壁が耐震壁。
  • ・直交方向のスパン長が2m未満。
以下の3つの条件をすべて満たす柱に対して、独立柱の強度寄与係数が計算されず、0(ゼロ)を出力していました。
  • ・[耐震診断方法-解析条件1] 袖壁を考慮する長さの下限値の指定により、独立柱と認識された。
  • ・自動計算で柱頭、柱脚とも梁ヒンジと認識する部材に対して、[鉛直部材の直接入力]で袖壁付柱の破壊形式名に変更した。
  • ・3次診断である。
『SS3』の[断面算定]において、スラブ筋の登録を101以上を指定したとき、不正終了していました。
耐震壁周りに100番柱を配置している場合、解析実行時に「ERROR No.33 $$$$ 階 $$$$ フレ-ム $$$$ 軸 耐震壁の周りに柱が存在していません。」を出力して解析を中断すべきところ、解析中に不正終了する場合がありました。
出力
以下の条件をすべて満たすとき、入力データ出力「3次診断の経年指標」で、非常に大きな値(32.768)を階数分出力していました。
  • ・入力項目[経年指標-2次診断用]で、指定可能な状態で<3>直接入力を指定している。
  • ・入力項目[経年指標-3次診断用]に<1>2次診断用減点数集計表に同じを指定している。
  • ・入力項目[耐震診断方法-診断次数2次診断]に<2>しないを指定している(XY方向とも)。
  • ・入力項目[耐震診断方法-診断次数3次診断]に<1>するを指定している。
「各柱のF指標とQu」において、以下の3つの条件をすべて満たす柱に対して、節点振り分けの結果を出力していませんでした。
  • ・[耐震診断方法-解析条件1] 袖壁を考慮する長さの下限値の指定により、独立柱と認識された。
  • ・自動計算で柱頭、柱脚とも梁ヒンジと認識する部材に対して、[鉛直部材の直接入力]で袖壁付柱の破壊形式名に変更した。
  • ・3次診断である。
「各壁のF指標とQu」の出力において、曲げ壁、回転壁の場合は、崩壊階の“wM”、“wq”、“wF”を出力すべきところ、“wq”が“0”のとき、出力していませんでした。
「RC鉛直部材の強度寄与係数」の出力において、最小となる強度寄与係数αに“< >”付を出力するとき、[鉛直部材の直接入力]で追加柱のαを入力すると、常に、追加柱のαに“< >”を出力していました。
フレーム面内雑壁の内法高さが0以下となる場合、「WARNING No.172 $$$$ 階 $$$$ フレ-ム $$$$ 軸 (雑壁位置##) フレーム面内雑壁の内法高さが0以下になっています。保有せん断力を0とします。」を出力しますが、[鉛直部材の直接入力]で破壊形式とF指標を直接入力した場合はこのメッセージを出力しないようにしました。
作図
「CT-F関係図」において、演算誤差により、実際より低い位置に必要CT直線を描画していました。

【Super Build/RC診断2001 Op.SRC】
以下の事項は『Super Build/RC診断2001 Op.SRC』ライセンスを利用した場合の変更点です。

計算
F指標による13グループに鉛直部材を分類する際、以下の2つの条件を満たすとき、F指標が3.5のSRC柱の保有せん断力は、本来、F指標が3.2の13グループに属する鉛直部材として保有せん断力を集計すべきところ、無視していました。
  • ・2次診断である。
  • ・対象階の各層主体構造が<5>混合(RC)である。
出力
入力データ出力「柱リスト」において、以下の2つの条件を満たすとき、条件に該当するRC柱は、RC柱リストとSRC柱リストそれぞれに、RC柱の入力データ内容を出力していました。
  • ・各層主体構造で混合RCまたは混合SRCを指定し、その階にRC柱とSRC柱を配置した。
  • ・『SS3』側の部材形状配置で、配置番号をSRC柱(正値)からRC柱(負値)に変更した。
「耐震性能診断表」の1次診断時の出力において、以下の3つの条件を満たす場合、本来、SRC極短柱のF値の欄には、1.27と出力すべきところ、2.0と出力していました。
  • ・すべてのSRC柱の鉄骨形式が充腹形。
  • ・鉄骨は強軸方向に配置している。
  • ・対象階がSRC造で、ho/D>2のSRC柱が存在する。
「耐震性能診断表」の2次診断時の出力において、“Nr<N”は、RC部材とSRC部材が混在している建物では、[耐震診断方法-解析条件4] 第2種構造要素の検討方法の指定にかかわらず、常に<1>の条件に応じた結果を出力すべきところ、結果出力の指定で「第2種構造要素の検討に関する出力」の項目をチェックせず実行させると、誤って<2>の条件に応じた結果を出力していました。
「第2種構造要素の検討が必要な柱部材」の出力において、第2種構造要素の候補のSRC柱をRC造と認識していたため、Fuが3.0を超える要検討柱の本数にSRC柱が集計されず、誤った要検討柱の本数を表示していました。
解説書
以下の解説書において追記および修正を行いました。詳しくは解説書の更新履歴を参照してください。
  • 『RC診断2001 Ver2.7(2018)』 解説書
  • 『RC診断2001 Ver2.7(2018)』 評価適用外機能説明書
  • 『RC診断2001 Ver2.7(2018)』 (増設ブレースによる補強)説明書

---[END]---


注意事項

  • 本ソフトウェアをご使用になる前に、pdfファイルソフトウェア使用許諾契約書
    pdfファイル『Super Build/RC診断2001 Op.評価』利用規約をよくお読みください。
    ご使用になった時点で、ソフトウェア使用許諾契約書等に同意されたものとさせていただきます。
  • アップデートを実行する前に、他のアプリケーションソフトを終了してください。また、更新内容を必ずご一読ください。
  • インストール手順は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、画面上の指示にしたがってインストールを完了してください。
  • ダウンロードファイルは、公開日に『Symantec AntiVirus』でウイルスチェックを行い、安全を確認しております。
今すぐダウンロード

2018/11/13

RC診断2001 Ver2.7(2018)

tr2_271.exe[21.2 MB]

  • 対象バージョンは、『RC診断2001 Ver2』Ver.2.00以上、『ライセンスマネージャ』Ver.3.11以上です。
    ご使用の『RC診断2001 Ver2』、『ライセンスマネージャ』のバージョンをよくお確かめの上、ダウンロードしてください。

過去のアップデートファイル

  • Ver.1.62、Ver.1.70、Ver.1.90のダウンロードには、IDとパスワードが必要です。対象者は、『Super Build 総合(個別)メンテナンス』ご契約者様です。
2017/01/25 Ver2.6
管理番号 008
更新内容 tr2_268.exe
[20.4MB]
ダウンロード
2016/08/22 Ver2.6
管理番号 007
更新内容 tr2_267.exe
[20.4MB]
ダウンロード
2015/11/09 Ver2.6
管理番号 006
更新内容 tr2_266.exe
[18.9MB]
ダウンロード
2015/06/22 Ver2.6
管理番号 005
更新内容 tr2_265.exe
[18.5MB]
ダウンロード
2014/12/15 Ver2.6
管理番号 004
更新内容 tr2_264.exe
[18.2MB]
ダウンロード
2014/09/29 Ver2.6
管理番号 003
更新内容 tr2_263.exe
[19.5MB]
ダウンロード
2014/04/14 Ver.2.62 更新内容 tr2_262.exe
[19.5MB]
ダウンロード
2014/03/26 Ver.2.61 更新内容 tr2_261.exe
[18.7MB]
ダウンロード
2013/07/01 Ver.2.60 更新内容 tr2_260.exe
[18.7MB]
ダウンロード
2013/02/14 Ver.2.50 更新内容 tr2_250.exe
[18.7MB]
ダウンロード
2012/10/22 Ver.2.40 更新内容 tr2_240.exe
[18.6MB]
ダウンロード
2012/05/10 Ver.2.33 更新内容 tr2_233.exe
[18.3MB]
ダウンロード
2012/01/16 Ver.2.32 更新内容 tr2_232.exe
[18.1MB]
ダウンロード
2011/10/24 Ver.2.31 更新内容 tr2_231.exe
[17.5MB]
ダウンロード
2011/06/13 Ver.2.22 更新内容 tr2_222.exe
[16.1MB]
ダウンロード
2011/04/25 Ver.2.21 更新内容 tr2_221.exe
[16.1MB]
ダウンロード
2011/03/16 Ver.2.20 更新内容 tr2_220.exe
[16.0MB]
ダウンロード
2010/10/25 Ver.2.17 更新内容 tr2_217.exe
[16.3MB]
ダウンロード
2010/06/07 Ver.2.16 更新内容 tr2_216.exe
[17.0MB]
ダウンロード
2009/11/25 Ver.2.15 更新内容 tr2_215.exe
[3.33MB]
ダウンロード
2009/11/19 Ver.2.14 更新内容 tr2_214.exe
[16.6MB]
ダウンロード
2009/10/26 Ver.2.13 更新内容 tr2_213.exe
[15.4MB]
ダウンロード
2009/04/22 Ver.2.12 更新内容 tr2_212.exe
[15.5MB]
ダウンロード
2009/01/14 Ver.2.11 更新内容 tr2_211.exe
[14.8MB]
ダウンロード
2008/08/18 Ver.2.00 更新内容 tr2_200.exe
[69.7MB]
ダウンロード
2007/12/17 Ver.1.90 更新内容 ss2_290.exe
[82.7MB]
ダウンロード
2007/07/31 Ver.1.82 更新内容 tr2_182.exe
[18.9MB]
ダウンロード
2007/04/23 Ver.1.81 更新内容 tr2_181.exe
[18.7MB]
ダウンロード
2007/03/14 Ver.1.80 更新内容 tr2_180.exe
[18.6MB]
ダウンロード
2006/12/14 Ver.1.72 更新内容 wtr2_172.exe
[13.4MB]
ダウンロード
2006/11/02 Ver.1.71 更新内容 wtr2_171.exe
[12.6MB]
ダウンロード
2006/09/26 Ver.1.70 更新内容 wss2_250.exe
[49.9MB]
ダウンロード
2006/08/17 Ver.1.64 更新内容 wtr2_164.exe
[15.3MB]
ダウンロード
2006/08/17 Ver.1.62 更新内容 release500w
.exe[309MB]
ダウンロード
Get?Adobe?Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.