『Super Build/SS7』の導入事例

株式会社 国建

ソフトウェア

断面リストを必要なときにそのまま図面に出せてすごく助かっています。

株式会社 国建

所在地:沖縄県那覇市  業種:コンサルティング・エンジニアリング

主にどのような物件が多いでしょうか?

RC造が多いですが、S造もあります。ホテルや公共物件、庁舎などが多いですね。規模が大きいものが多いかな。ホテルだと中高層が出てきます。県内が多いですが、県外の案件を扱うこともあります。

ソフトをご利用になったきっかけを教えてください。

『SS3』は官庁からの紹介で使い始めたのですが、視覚的で入力しやすかったですね。だからずっと使っていて、ユニオンシステムの営業さんに提案されて、まあ新しいものも出たし使ってみました。

主な利用方法を教えてください。

『SS7』は新規作成から使っています。導入したときに意外とすんなり『SS3』から移行できました。『SS3』はほとんど診断で使っているのが現状ですね。このインタビューのために、『SS3』を起動してみましたけど、どう動かせばいいかわからなくなっていました。

ご利用になって良かったところを教えてください。

断面リストに検定比が出るようになっているところや計算結果がすぐ表形式で出て確認できるのが、わざわざ出力をしなくてもいいので便利です。
あとダミー層で層をまたがる梁を入力できるのは『SS7』ならではだと思います。『SS3』と違って多層にまたがるブレースを扱えるところや、基礎が一体で入力できるようになったところがとてもいいですね。『BF1』とリンクしていたころは地盤の情報が飛んだりしていました。
他には、層またぎのフレーム外雑壁がちゃんと入力できているかを色で確認できるところや大梁の断面入力で「荷重剛性用」断面が入力でき、フカシの剛性を考慮することが簡単になったところが便利になりましたね。

梁の荷重剛性用断面の入力
▲梁の荷重剛性用断面の入力

設計業務の効率化につながった機能を教えてください。

マウス入力が一番かな。見た目でどんどん入れられるっていうのは非常に使い勝手がいいです。あとは断面リストをjwwファイルとして吐き出せるっていう図面化機能は、必要なときにそのまま図面に出せてすごく助かっています。あと効率化と言えば、CSVを利用していた手間が省けるようになったのも効率化に良いと思います。シート出力からある結果だけをコピーしてExcelに貼り付けて簡単に書類を作れるのは、評定物件などで活用しています。あと、結果の復元機能も、ファイルを変更せずに戻れるので、すごく便利です。

『SS3』と比較して入力、操作、解析スピードなどはいかがでしょうか?

以前『SS3』では部材数が多いと1時間弱はかかっていたものが、今は気にならなくなったので早くなっていると思いますね、格段に。
鉄骨で柱耐力低減を考慮する際は、データを2つに分けていましたので、『SS7』では一つのデータで一度に解析できることも考えると早いですね。

他社メーカーのソフトと比較していかがでしょうか?

建物形状に合わせて他社ソフトと使い分けはしています。用途が違うので比較などはしたことがないですが、『SS7』になってからは形状の選択肢が増え、任意形状的なものも『SS7』でやってみようかという感じになってきましたので、使用頻度は増えてきていると思います。

建築確認検査機関や構造計算適合性判定機関に提出していかがでしたか?

沖縄ではほとんど『SS7』で出されているので、そんなに特別なものではないですね。県内ではユニオンさんが多いのではないでしょうか?設計者として出力が見やすいというのはいいですね。

弊社サポートセンターの対応はいかがでしょうか?

良いと思います。他社さんと比べてレスポンスも早いですし、説明してもうまく説明できないところやデータを見た方が早いだろうなといったところは「データを送ってください」と言っていただけるのでありがたいなと思っています。
サポートセンターもさることながら、Q&Aも充実しているので、サポートに聞く前にQ&Aを見てヒットしなければ聞くというような使い方もしています。ただ、こちらが思ったものがなかなかヒットしないので、もう少し検索精度を改善してほしいですね。

本日は、ありがとうございました。

取材協力:玉城 康哉 様、宮城 純子 様、砂川 秀紀 様、宮城 大輔 様、桃原 茂樹 様
取材日:2020年8月

会社概要

【 会社名 】
株式会社 国建
【 URL 】
http://www.kuniken.co.jp/
【 所在地 】
沖縄県那覇市
【 事業内容 】
建設コンサルタント

同じソフトウェアの事例

同じ地域の事例

同じ業種の事例

ページの先頭へ