現在位置
トップページ > Q&A

Q&A

更新日:2018年09月07日/Q&A掲載数:3,266題

(!)このページは、ソフトウェア購入者限定コンテンツです。閲覧には、会員登録が必要です。

サイトをご利用いただくには

新着Q&A

2018/08/31
[SS7]
ブレースの断面検定表で鉄骨とF値の欄が“---”と出力される
フレーム外雑壁の配置の基点を変更したい
CPRC杭の許容せん断力について
C1281 柱脚で、保有耐力接合の判定における柱Mpcは鉄骨部分のみの耐力で計算します。
端部断面算定位置の柱脚の指定が反映されない
C1032 S造接合部において、パネル幅厚比が制限値を超えています。
C1031 S造接合部において、パネルアスペクト比が1.8を超えています。
荷重剛性用の断面を変更したときの断面二次モーメントについて
入力データ出力に出力されない片持床がある
K形ブレースと大梁中間に生成される節点の変位量の確認方法
支持力検討用の接地圧分布図でσの値に*が表示される
結果作図で接地圧を考慮したモーメント図にならない
2018/07/30
[SS7]
層間変形角が出力されない
シート出力の文字サイズを大きくしたい
引張のみ有効な水平ブレースの地震時軸力が圧縮になっている
部材ごとの壁量・柱量を確認したい
解析結果をCSV形式で出力したい
RC梁断面算定結果にMu値が出力されない
断面リストにかぶりが出力されない
断面リストに鉄筋径が出力されない
杭頭モーメントや偏心による付加軸力を確認したい
RC接合部(短期時)の断面検定表でQDおよびQDj2が出力されない。
[積算]
積算のデータに『SS7』で入力した[2.2.荷重計算条件-6.鉄骨重量の割増率]が反映されない。
多層にわたる部材の集計方法について
2018/06/29
[SS7]
床データを追加登録することができない
引張ブレースの耐力が1.1倍されない
鉛直ブレースが引張にしか効かない
杭基礎の断面算定表に出力されるdtが入力したdtと異なる
入力した層補正重量の確認方法
支点位置から杭頭までの距離hの確認方法
大梁に取り付く小梁の本数と横補剛本数が異なる
支持力および断面算定用で、検定比が最大とならなかった方の分布図を確認したい
決定した荷重ケース以外の接地圧分布図を確認したい
X 0009 PH階数または地下階数の指定が不適切です。通常層までの階数を指定してください。
C0083 壁で、開口が壁をはみ出しています。
[SS3]
鉄筋上限強度(強度入力)について
2018/05/29
[SS7]
接合部の終局時の検討について
鉄筋径の前に表示される記号について
フレーム外雑壁で自立壁と指定した時の重量の分配について
保有耐力横補剛を満足しているのに横座屈“有”と判定される
C0039 強度直接入力した鉄骨材料を使用しています。
変位図に出力される変位量とプロパティに出力される変位量が異なる
[9.1.結合状態]の“<-2>:自動計算”について
節点座標の原点について
曲げ降伏のステップの後ろに表示される“チ”について
連層耐震壁の最上層で節点の上下移動を指定すると想定する応力状態にならない
S造柱・梁Mu算定時のスカラップ欠損について
C0038 強度直接入力した鉄筋材料を使用しています。
2018/04/26
[SS7]
登録した符号の順番を整理したい
根巻柱脚のスタッドコネクタについて
『SS3』→『BF1』で作成・登録した既製杭のデータを『SS7』にリンクしたい
スリットの計算条件における『SS3』との対応について
保有水平耐力計算に用いるQudを直接入力したい
断面リストに継手が出力されない
一般事項が"0"で出力される。
根巻柱脚の危険断面位置について
層をまたぐ梁の水平せん断力を部材ごとに確認したい
剛床解除の指定が反映されない
ブレース取り付き位置(基礎梁天端)の節点変位について
鉛直部材の水平剛性が考慮されない

新着Q&A一覧へ

よくあるご質問

キーワードから探す

カテゴリ
キーワード

文書番号から探す

5桁数字で検索できます

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.